SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニュースブログサイト「The Huffington Post」がアジア初進出、朝日新聞社と来春日本版立ち上げ

 「The Huffington Post(ザ・ハフィントン・ポスト)」は、アリアナ・ハフィントン氏らが2005年に創設したニュースブログサイト。リベラルな報道姿勢で知られており、ニュース、ブログをベースにして、ユーザーが意見を交換する参加型コミュニティとなっている。米国では月間4600 万人の利用者が毎月800万件以上のコメントを寄せる。ブロガーには著名人も数多く、オバマ大統領や俳優のジョージ・クルーニーらも寄稿している。また、ブロガーの1人が、今年のピューリッツァー賞を受賞していることでも話題になった。

 「The Huffington Post」の日本版を立ち上げるため、米国のザ・ハフィントン・ポスト・メディアグループと朝日新聞社が基本合意。日本版を運営する合弁会社を日本国内に設立し、来春のサービス開始を目指す。

アリアナ・ハフィントン氏(2012年Adobe Digital Marketing Summitにて)
アリアナ・ハフィントン氏
(2012年Adobe Digital Marketing Summitにて)

 「The Huffington Post」のチェアマン・プレジデント兼編集長であるアリアナ・ハフィントン氏は、「我々が手がけているコミュニケーションの輪は、グローバルに広がり続けている。そこに加わる日本のユーザーのみなさんから意見をお寄せいただき、発信することが、我々の使命だと考えている」とコメントを寄せた。

【関連記事】
JASRAC、個人ブログ等における歌詞掲載利用の許諾条件を公開
三越伊勢丹とイード、百貨店のWebメディアを展開
中印英米のソーシャルメディア利用状況調査~テレビとの同時利用、米印では5割超に
メディア接触の変化は全国均一ではなく地域によって異なる
「ステマ」に関するブロガー意識、「中立」が4割超

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/17 14:00 https://markezine.jp/article/detail/16946

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング