SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Kindleストア、電子書籍市場を牽引~初登場で首位40%シェア獲得【電子書籍ストア利用率調査】

 インプレスR&Dは、電子書籍ストアの利用率に関する調査結果を発表した。

 電子出版ビジネスは、携帯電話(フィーチャーフォン)の時代に花開き、2011年度の市場規模は629億円まで成長。近年はスマートフォンやタブレットといった新端末で新しいビジネスが生まれつつあり、2016年には2000億円市場になると予想されている。

 このような状況下、パピレスやイーブックイニシアティブジャパンなどの上場企業に加え、楽天Koboイーブックストア、Reader Store等のメーカー系ストア、Booklive!等の印刷会社系のストアなど多数の企業が電子書籍ストア事業を展開。Google BooksやKindleストア、Appleの参入などもあり、電子書籍ストア競争は激化している。

 今回の調査では、「Kindleストア」が40.0%で首位になり、これまでトップを守っていた「紀伊國屋書店BookWebPlus」の13.4%を大きく上回った。「Kindleストア」の日本でのサービス開始は2012年10月25日であったが、短期間で多くのユーザーを獲得したことが明らかに。

 注目すべき点は、2位以下の電子書籍ストアの利用率に大きな変動がなかったことだ。「紀伊國屋書店BookWebPlus」「Reader Store」「BookLive!」はそれぞれ利用率があがっている。「Kindleストア」の日本参入は、既存ストアのシェアを浸食せずに、新たな市場を作り上げたことになる。

 一方、楽天koboは前回調査時(8.5%)から1.1ポイント減の7.4%となった。電子ペーパー型の専用端末中心であること、iPhoneやiPad、Androidといった端末向けのアプリ対応が遅れたことなどが影響した結果とおもわれる。

【調査概要】
調査対象:EPUBマガジン「OnDeck weekly」の読者
調査期間:12月17~20日
有効回答:582件

【関連記事】
小学館、全社員に電子ブックリーダー「kobo Touch」配布
タブレット端末・電子書籍端末が3位に躍進【冬のボーナス商戦に関するアンケート】
2011年度の電子書籍市場は微減の629億円、携帯コンテンツが84%の大幅減
電子書籍を読むときに使いたい端末1位は「スマートフォン」、専用端末は4位
TSUTAYAの電子書籍サービス、PC向けにサービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/01/09 12:00 https://markezine.jp/article/detail/17029

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング