SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

FacebookページファンのLTV、非ファンに比べて2~3倍購入量多

 トライバルメディアハウスは、TwitterやFacebookの公式アカウントマーケティング効果を測定するKGI(Key Goal Indicator:重要目標評価指標)調査サービスの提供を開始した。

 本サービスでは、エンゲージメント履歴を取得し、アンケートによる調査結果と統合することで、公式アカウントを運用することによるファン/フォロワーのブランド名の想起率や好意度、購入意向、推奨意向といった意識変容およびLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を測定・算出する。

 同社は日本航空、ローソンのFacebookページにおいて先行調査を実施した。

 両社のFacebookページにおけるファンと非ファンを比較し、KGI分析を行ったところ、ブランド名の想起率、好意度、利用(購入)意向において、ファンの方が非ファンよりも高い傾向を示した。ファンには優良顧客が多く含有されていることがわかった。

 エンゲージメントの観点からKGI分析を行ったところ、エンゲージメントが高いファンのほうが全てのKGIが高くなる傾向が見られた。つまり、エンゲージメントの向上がKGIの向上につながると言える。なお、ファン歴が長いユーザーと短いユーザーのKGI比較では、KGIの項目や企業によって結果がわかれた。

 LTV分析を行ったところ、ファンは非ファンと比較して2~3倍程度購入量が多いことが明らかに。また、ファンの中でもエンゲージメントの高いファンのほうがエンゲージメントの低いファンよりも購入量が多いことが確認された。

 Facebookページのファンになってからの意識・態度変容について、もともと好意度がそれほど高くないユーザーにおいても、一定の割合で、商品・サービスに興味を持ったり、購入を検討する機会が増えていることが確認された。このことから、Facebookページは、マーケティングファネルの各階層において、一定のマーケティング効果を発揮していると言える。

【調査概要】
調査手法:インターネット調査
調査期間:2012年11月20日~12月5日
調査目的:Facebookページのマーケティング効果の把握およびKGI測定
調査対象:(1)Facebookページのファン(各社のFacebookページ内で募集)
(2)Facebookページの非ファン(インターネットリサーチ会社のアンケートモニターから抽出)
サンプル数:JAL(ファン:1,234人、非ファン:500人)、ローソン(ファン:3,223人、非ファン:500人)

【関連記事】
プラットフォーム・ワン、「Facebook Exchange」におけるRTB取引をスタート
サイバーエージェントとHasOffersが提携、Facebookアプリインストール後のLTV測定可能に
Facebookマーケティング予算は年間広告予算の「0~3%未満」の企業が71%
電通PR「2012年年末SNS調査」~Twitter、Facebook、mixiの認知度は95%超え
「ファンサイト・オブ・ザ・イヤー2012」発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/01/16 12:00 https://markezine.jp/article/detail/17061

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング