SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

共通ポイントサービス市場、前年度比20%超で拡大~O2Oプラットフォーム構築が今後の成長のカギ

 矢野経済研究所は共通ポイントサービス市場に関する調査結果を発表した。共通ポイントサービスとは、特定の企業やグループ内のみで利用できるポイントサービスではなく、業種業態を超えた提携先の企業で利用できるポイントサービスのこと。

 2011年度の共通ポイントサービス市場規模(ポイント発行額ベース)は前年度比21.8%増の530億円となった。ユーザへサービスが浸透したこと加えて、提携企業が拡大したことが背景にある。

 2012年度の共通ポイントサービスの市場規模(ポイント発行額ベース)は、前年度比23.2%増の653億円に達する見込み。

 共通ポイントサービスは、多種多様な業種で導入されており、ポイント経済圏が構築されつつある。共通ポイントサービス提供事業者は、どのセグメントの顧客層がどういう購買行動をしているかを分析し、どのような潜在ニーズがあるかを抽出する取組みを強化している。そのデータをレシートクーポンや店頭での告知などに活用し、提携企業間の相互送客への取組みを強化し、さらなる普及拡大を計る。

 また、これまで共通ポイントサービス事業者はリアルを中心にサービス提供を推進してきた。これからは大手ネット企業との提携の強化を推進するなど、O2Oプラットフォームをどのような形で構築していくかが今後の成長の重要な要素となる。

【調査概要】
調査期間:2012年9~12月
調査対象:共通ポイントサービス提供事業者
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e―mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用

【関連記事】
アマゾン、パートナーポイントプログラム開始~第一弾はJCB
サイバーエージェント「Ameba」でTポイントサービス開始
ニッセン、Tポイントサービスを導入
アマゾン、本代の1割をポイント還元する学生向け会員制プログラム「Amazon Student」
ヤフーとCCC、両社のポイントを「Tポイント」に統合

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング