SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グーグル、非ログインユーザーの検索も暗号化、検索キーワードの取得は厳しい状況に

 グーグルは現在、同社のブラウザ「Chrome」のアドレスバー(omni box)で検索を行った場合、グーグルにログインしているユーザーに限って、その通信をSSLで暗号化している。今回の発表によると、現在開発中のブラウザ「Chrome 25」では、グーグルにログインしていないユーザーでも通信が暗号化される。これによって、サイト来訪者の検索キーワードを取得することは不可能になる。

 昨年7月、MarkeZineでは「どうする?『キーワードが取れない問題』、変化を迫られるアクセス解析」と題して、Webアナリストの清水 誠氏と小川 卓氏との対談をお届けしたが、検索キーワードが取れなくなることへの懸念とともに、検索キーワードが取れない時代におけるWebアクセス解析についても語られ、示唆に富んでいる。興味のある方は一読されたい。 

【関連記事】
SSLとは
Google、キーワードや検索結果を第三者に傍受されない、セキュアな検索サービスを提供
グーグルの中国撤退後、百度・捜狗のユーザー数が増加
Google、Gmailに通信を暗号化するHTTPSを採用
新社会人の半数以上が、自分の情報セキュリティ意識・スキルに不安

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/01/28 21:00 https://markezine.jp/article/detail/17124

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング