SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

iPhoneが7月の携帯端末市場を席巻、35才以下の男性の圧倒的支持を受けてシェア2%に

 米調査会社iSuppliは、7月の携帯端末販売調査で、iPhoneの販売台数が全体の1.8%に達したことを明らかにした。

 発表された資料によると、iPhoneは7月の販売台数で携帯端末市場の1.8%のシェアを獲得し、BlackberryやPalmシリーズをはじめとして、Motorola、Nokia、Samsungが市場に出しているスマートフォン数を上回った。iPhoneの販売台数はLGの人気端末Chocolateとほぼ同数だったという。

 また、興味深いのは購入者のプロフィールで、7月にiPhoneを購入した人の57%が35才以下、性別では男性が52%と過半数を超えた。また購入者の67%が4年制大学以上の学歴を持つ人たちで、iPhoneを買った人の4分の1がiPhoneのためにAT&Tにキャリアを変更したという。

 iSuppliは、2007年のうちにiPhoneは450万台出荷され、2011年には3,000万の大台に乗ると予測している。

プレスリリース:"iPhone Becomes Leading U.S. Smart Phone Model in July"

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 20:49 https://markezine.jp/article/detail/1714

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング