SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

マーケティング・プロフェッショナルズ

「これからの流通・小売のマーケティングは、お客様との関係性マネジメントが主軸になる」 ─ 合同会社西友 富永朋信氏


 変化を続ける消費者の価値観や消費行動に、企業はどのように対応していけばいいのでしょうか。マーケティングコンサルタントのサイコス青葉哲郎氏が、第一線で活躍するマーケティングのプロフェッショナルに聞く対談連載。第10回は、「KY(カカクヤスク)」をはじめとするキャンペーンや新PB「みなさまのお墨付き」「きほんのき」の投入など、西友の広告宣伝、ストアコミュニケーションなど、マーケティング活動のすべてを統括される富永氏に、流通・小売のマーケティングについてお話を伺いました。

今回お話を伺ったのは…
合同会社 西友 マーケティング本部担当 執行役員シニア・バイス・プレジデント 富永 朋信氏
西友に入社する前は、日本コダック(現コダック)、日本コカ・コーラ、ソラーレホテルズアンドリゾーツなどで、マーケティング関連の職務を歴任。日本コカ・コーラではiモードでコカ・コーラが買える自販機システム「Cmode」の立ち上げを担当。現在は、合同会社 西友でマーケティング本部担当 執行役員シニア・バイス・プレジデントを務める。座右の銘はたくさんあるが、今のお気に入りは「過ぎたハンサム休むに似たり」「渾身のアイデアは全てを解決する」。

メーカーから、小売のマーケティング責任者へ転身の理由

 青葉 ―― 富永さんは、2008年に西友に入社されるまでに、数々の外資系企業でマーケティング業務を経験されています。これまでのご経歴を教えていただけますでしょうか。

 新卒で旧・日本コダックに入社いたしました。そこでは、医療分野のX線機器のマーケティング・コミュニケーションに携わっていたのですが、その際、当時の上司が「AIDMA」の理論を教えてくださり、こんなに面白いことはないという思いに駆られ、ブランディングやマーケティングの道を究めようという思いが固まりました。また、それならばブランドのお手本と表されるコカ・コーラのブランドマネージャーを目指そうという思いに至りまして日本コカ・コーラに転職しました。

 日本コカ・コーラでは、当時の新しい課題であった、ケータイと自販機を用いたマーケティングイノベーションを担当いたしました。コンビニなどの購入場所が増え、一昔前よりも苦戦を強いられていた自販機とケータイを掛け合わせ、ケータイで自販機の商品を購入できるシステムの立ち上げなどを手がけました。

 青葉 ――マーケターとして、様々なご経験を積まれてきていらっしゃいますが、その後、2008年に西友にご入社されるきっかけを伺えますか。

 実は、かねてより憧れていたブランドマネージャーという仕事に、疑問を抱きはじめたのです。例えばコカ・コーラのブランドマネージャーは、コークのブランドをすべてマネジメントできているのだろうか、と。それは何かというと、同じ商品でも自販機で買うのかコンビニで買うのか、チャネルによって購買体験の価値が大きく違ってくる。

 つまり、消費者が体験する価値はチャネルからの影響が大きいのではないかと考えたのです。そういった疑問から、流通・小売業のマーケティングに興味を持ちはじめました。そういった観点に立って、その後、外資系タバコ会社のチャネル開発や国内ホテルチェーンのチーフマーケターを経て、2008年に西友に入りました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「KYでいこう!」キャンペーン秘話

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
マーケティング・プロフェッショナルズ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

青葉 哲郎(アオバ テツオ)

サイコス株式会社 代表取締役 東京都出身。明治大学政治経済学部卒業。1994年4月 ジャスコ (現イオン)入社。1995年マイクロソフト入社。トップセールスを経て、最年少ブランドマネージャに就任。MSN事業開発など担当。2001年インテリジェンス入社。マーケティング部を設立し『はたらくを楽しもう。』で同社を転職ブランド1位に。2008年リクルートエージェント入社。『転職に人間力を。』で新ブランドを立ち上げ、コスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/04/18 12:32 https://markezine.jp/article/detail/17307

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング