SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Amazon、スライドショーやプロダクトクウラドを表示する新しいウィジェットを発表

 米Amazon.comは、9月17日、7つの新しい「Amazon ウィジェット」をリリースした。「Amazon ウィジェット」は、ブログやホームページ、Amazonの取り扱い商品へのリンクなどを表示するもの。

 これまでにも、お勧め商品へのリンクや、検索ボックスなどのウィジェットを発表してきたが、今回登場したのは、Slideshow(スライドショー)、My Favorites(お気に入り)、Wish List(ウィッシュリスト)、Product Cloud(プロダクトクラウド)、Amazon Unbox Video Previewer。米国のみで利用可能なビデオダウンロードサービスである「Amazon Unbox」のウィジェット以外は、いずれもAmazonのアソシエイト・プログラムを展開している日本を含む各国で利用可能となっている。

「Amazon ウィジェット」のひとつ、「プロダクトクラウド」。
色やデザインの変更も簡単にできる。
「Amazon ウィジェット」のギャラリーページ。

 これらのウィジェットは誰でも無料で利用することができる。Amazonのアソシエイト・プログラムに参加している人は、このウィジェットを経由して購入が成立した場合、最高で10%の紹介料金が入ることになる。現在、このウィジェットが対応している国内のブログなどのサービスは、Ameba、Blogger、ドリコムブログ、FC2、Google Pages、Jugem、Livedoorブログ、ココログ、Blogzine、Seesaa、So-net、Typepad、Vox、ウェブリブログ、yaplog!。こうしたサービス以外にも、ホームページなどに貼り付けることができる。

プレスリリース:"Amazon Widgets Released Today Give Bloggers, Online Social Networkers and Website Owners an Easy and Fun Way to Express Themselves with Amazon Content"


この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 19:59 https://markezine.jp/article/detail/1778

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング