SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

「サイト内検索」がECを変える!「スピードとおもてなし」に大手ECも熱い視線を注ぐ、ゼロスタートの「ZERO-ZONE Search」

 「これからのECサイトには、実店舗のようにユーザーをもてなす発想が必要」と、ゼロスタート 代表取締役社長の山崎徳之氏は語る。イトーヨーカ堂、ローソンHMVエンタテイメント、カカクコムなどの大手企業に次々と採用されている同社のサイト内検索エンジン「ZERO-ZONE Search」が実現しているのが、ユーザーの手間を限りなく減らし、離脱を防ぐ検索の挙動だ。その「おもてなし」発想とは?

国内BtoCのEC市場規模は8.5兆円、さらに拡大の見込み

 電化製品や書籍・音楽ソフトなどのECが一般化し、いまや食品や日用品までも気軽にネットスーパーで購入できるようになった。国内BtoCのEC市場規模は一昨年の時点で8.5兆円に成長(※)。

株式会社ゼロスタート代表取締役社長山崎徳之氏
株式会社ゼロスタート
代表取締役社長 山崎徳之氏

 ゼロスタート 代表取締役社長の山崎徳之氏は「小売業全体の市場規模は130兆円と言われています。もちろん実店舗がなくなることはありませんが、ネットを使う人口の広がりを考えると、ECにはまだまだ大きな伸びしろがあります」と話す。

 検索やレコメンド、効果測定ソリューションなどを提供しECサイト支援を行う同社では、この数年でサイト内検索エンジン「ZERO-ZONE Search」がイトーヨーカ堂やローソンHMVエンタテイメント、カカクコムといった大手企業へ次々と導入され、大きく業績を伸ばしている。特に商品点数やユーザー数の規模が大きい企業が採用しており、平均で130%ものコンバージョン向上を実現している。

 山崎氏は、アスキー、So-netでのエンジニア、オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)のデータシステム構築などを経て2006年にゼロスタートを設立。SNSシステムやレコメンドエンジンの開発・販売、サイトの受託開発を主に展開していたところ、特にECサイトでの検索エンジンに対するニーズが高かったため、商品化に踏み切った。

※ 経済産業省「平成23年度我が国情報経済社会における基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」

ゴルフダイジェスト・オンラインがゴルフ場予約検索に採用

 以前はレコメンドエンジンの引き合いが強かったというが、「この2年ほどで『ZERO-ZONE Search』が伸び、現在では主力になっている」と山崎氏。ユーザーへのクロスセルを狙うべく、レコメンドエンジンの相談を受けた企業でも、課題を探ると意外と検索エンジンがネックになっていることが多いという。

 「ZERO-ZONE Search」の成長に弾みがついたのは、2010年にゴルフダイジェスト・オンラインのゴルフ場予約検索に採用されたこと。それまでの受託開発などで蓄積したノウハウを集約した検索エンジンを、ユーザーのニーズやサイト内での振る舞いに合わせて徹底的にカスタマイズして適用したところ、コンバージョンが大きく向上した。現在では当然のようにスマートフォンにも対応し、顧客の離脱を防ぐシステムとして高い評価を得ているという。

 ゴルフダイジェスト・オンラインは、デジタルマーケティングへの先進的な取り組みで知られる企業。同社への導入以降、「ZERO-ZONE Search」はEC市場の拡大に伴って実績を伸ばしてきた。その背景のひとつとして、山崎氏は「ユーザー層の変化・広がり」を挙げる。

 「以前は、オンラインで予約をしたり商品購入をしたりするのはPC操作に慣れている人たちでした。それが最近では中高年層にもECが広がり、スマートフォンやタブレット端末の拡大によってPCを持たない若年層、主婦層なども加わっています。そうした新しい層への配慮が求められているのです。」

次のページ
中高年、主婦……デバイス操作に慣れないユーザーへの対応が必須に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/12/01 16:57 https://markezine.jp/article/detail/18219

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング