SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

讀賣テレビ放送、NECのメディア・アセット・マネジメントシステムを導入、映像素材のデータ化を促進

 従来、テレビ放送局では放送番組をVTRテープで保存してきたが、映像素材の効率的な運用や、日々増え続けるテープの保管場所の確保が課題となっていた。そこで近年では、VTRテープに記録された映像素材を、パソコンやサーバなどIT機器でも扱えるファイル形式にデータ変換(ファイル化)し、アーカイブ(保存)する動きが進んでいる。

 NECは今回、讀賣テレビ放送の映像素材の蓄積・管理・活用を支援するメディア・アセット・マネジメントシステムを構築。本システムは、映像素材を保存するアーカイブと、映像素材の検索のためのライブラリーから構成されている。

 讀賣テレビ放送は、保有している約13万時間分の映像素材および新規の映像素材をファイル化し、一次保管サーバを経由して、大規模なLTO(コンピュータ用の磁気テープ)装置に蓄積。これによって、ファイル化された映像素材は、必要な時に取りだし、編集することができる。また、異なった映像フォーマットへの変換やテープへの出力も可能となるため、映像素材の二次利用の効率化することができる。

【関連記事】
NHK、HTML5対応、過去番組表も利用できる「NHKハイブリッドキャスト」9月開始
『王様のブランチ』、テレビ番組内のキーワードを抽出しアマゾンへ誘導
フジテレビ、放送連動セカンドスクリーンアプリ開発
「Ponta」とテレビ視聴を連動させたインタラクティブTV企画
テレビ番組の視聴状況からターゲティング広告

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング