MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本IBM、アプリケーションのリリースを自動化・効率化する「UrbanCode」ファミリー発表

2013/09/03 14:30

 「IBM UrbanCode」ファミリーは、UrbanCode社のARA(アプリケーション・リリース・オートメーション)ソフトウェア製品群を、IBMのラインアップとして提供するもの。アプリケーションのリリース・プロセスの自動化で手作業によるエラーを防ぎ、リリース作業の監査対応を強化する「IBM UrbanCode Deploy」と、複数アプリケーションやさまざまな環境へのアプリケーション・リリースの計画・実行・実績を包括的に管理する「IBM UrbanCode Release」で構成されている。

 ライセンス使用価格は、「IBM UrbanCode Deploy」が3274円から、「IBM UrbanCode Release」が54万5790円から。

 アプリケーションの開発や改良のスピードが求められるようになっている現在、アプリケーションの開発部門と運用部門の連携の重要性が高まっている。それを実現するDevOps(デブオプス;開発運用連携)というコンセプト実現のため、IBMは、「アプリケーション・リリースの自動化」を支援するUrbanCode社を2013年4月に買収、統合を完了している。

【関連記事】
IBM、ソフトウェア・デリバリー自動化のUrbanCodeを買収
ソニー、FeliCaカードをかざすだけで記録できる「電子お薬手帳」
「Ponta」、ツイートするだけでポイントがたまるO2OサービスをTwitter社と開発
100万DL突破家計簿アプリ「ReceReco」、「マネーフォワード」「MoneyLook」とデータ連携
ヤフー、スマホアプリを簡単に作成できるCMS「Yahoo!アプリエンジン」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5