SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

cciとDOM、アンドロイド端末セキュリティーロック解除時広告フルスクリーン表示システムを共同開発

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、cci)は、スマートフォン領域において受託開発を行っているディー・オー・エムと、アンドロイド端末のセキュリティロック解除後にフルスクリーンで広告を表示するシステムを共同開発した。

 本広告商品は、スマートフォン端末の普及に伴い急速な増加を続けている「スリープモードから復帰する際のセキュリティーロック解除動作」に着目。セキュリティーロックを解除してからホーム画面が表示されるまでの間の2~3秒間に広告をフルスクリーンで挿入する、インタースティシャル型広告(ページ遷移時にページとページの間に表示する広告)である。

 セキュリティーロック解除後にインタースティシャル形式で広告を表示することで、ユーザーのアプリケーション選択等に影響を受けることなく、広告主はフルスクリーンの広告スペースを確保できる。また、ユーザーは、スマートフォンの利用目的を阻害されることなく、有益な広告情報を得ることができる。

 本商品の基本機能として、ユーザーの登録情報(年齢、性別など)によるターゲティング配信、GPS情報を使った地域ターゲティング配信、時間帯別セグメント配信が可能。また、広告閲覧に対してポイントを付与する機能や、主要ポイントサービスへの交換機能を提供する。

 なお、cciは旺文社より学習コンテンツの提供を受け、本仕組みを用いた学習アプリを本年9月下旬にリリースする予定。

【関連記事】
スマホ待ち受け画面リワード広告アプリ「ラッテスクリーン」、日本を含む世界13か国展開へ
kmグループ、「タクシー忘れ物防止システム」を開発、急増するスマホの忘れ物に対応
20代女性スマホユーザー、3人に2人がスマホで買い物【ニールセン調査】
ヤフー、スマホアプリが簡単につくれる「Yahoo!アプリエンジン」提供開始
携帯・スマホ流通マネーは4兆円を突破、前年比70.9%増と急拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/09/11 10:30 https://markezine.jp/article/detail/18455

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング