SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、eコマース事業新戦略発表~「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」ストア出店料が無料に

 ヤフーは、10月7日、同社のeコマース事業における新戦略を発表した。10月から、「Yahoo!ショッピング」のストア出店料(月額システム利用料)と売上ロイヤルティの完全無料化、およびオークションサイト「ヤフオク!」のストア出店料(月額システム利用料)を同じく無料とすることなどを決定した。

 また、年内をめどに、「Yahoo!ショッピング」において個人の出店を可能とする。個人のeコマースへの参加障壁を下げることで、インターネット上に新たな流通市場を創出し、消費全体の活性化を目指す。

 日本にインターネットショッピング・オークションサービスが誕生してから約15年、この新しい購買(売)スタイルは人々の消費生活の中に順調に浸透し、eコマース市場は現在も大きく成長を続けている。その間、ブロードバンドやスマートフォンの普及など、消費者を取り巻くインターネット環境も変遷を遂げている。

 同社は、このタイミングでeコマースのビジネスモデル自体に革命を起こし、自社サービスを次のステージに引き上げるべく、この度の決断に至った。

 大幅な料金改定施策のほか、買い手を増やす集客力の強化も目指し、同社の総力をあげて機能改善やプロモーション活動にも力を入れていく。「売り手」「買い手」の双方にとって便利で快適な環境を設定し、常に進化し続けることで、「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」を飛躍させていく。

【関連記事】
ヤフー、「マルチデバイス対応」を含むサイトリターゲティングの機能改善
PCでのリーチは依然としてヤフーが突出/スマホネット利用者はPCの約6割にまで拡大
ヤフーとサイバーエージェント、「Yahoo!検索」と「Ameba」連携開始
ヤフー、新コンセプトモデル「さわれる検索」プロジェクトスタート~3Dプリンタx検索を融合
ヤフー、スマホアプリが簡単につくれる「Yahoo!アプリエンジン」提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング