SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KDDIウェブ、デザイナーとの画像共有も簡単にできるクラウド型コラボツール「corabbit」正式版

 クラウド型のコラボレーションツール「corabbit」は、会社やグループ、プロジェクトなどでファイルを共有できるほか、コメント機能を使ってグループ内でコミュニケーションをしたり、ファイルの履歴を自動で保存するなどさまざまな機能が利用できる。

 少人数での利用やフリーランスの人に適した「Pro」と、大規模なプロジェクトや社内利用などの大人数に適し、メンバーのアクセス権限の管理なども行える「Team」のふたつがあり、いずれも無償版の「Free」を含むそれぞれ4つのプラン、計8プランでの提供となる。

 機能面では、デザイナーやクリエーターとの画像やファイルの管理機能を充実。これまで、デザイナーがデザインの確認を行う際には、デザインした画像やレイアウトを一般的なファイル形式(JPG、GIF 等)へ書き出し、メール等で送信する必要があったが、corabbitのプレビュー機能を使えば、ファイルをアップロードするだけでプロジェクトメンバーへ確認したり、そのプレビューに対しコメントをつけることができる。

 対応している画像形式は、JPG・GIF・PNGファイルだけではなく、有償版では、Adobe Photoshop(PSD)や Adobe Illustrator(AI)のファイル形式にも対応している。さらに、Windows用、Mac用のアプリケーションもベータ版として提供。これらのアプリケーションでは、プロジェクトごとにデスクトップ上のファイルやフォルダーと同期をとることができ、サイト上へログインすることなくcorabbit の機能を利用できる。

 今回、KDDIウェブコミュニケーションズは、corabbitの提供開始に際し、クラウドワークス、ChatWork株式会社、ランサーズ各社と業務提携を締結。ビジネスツールにおいてシームレスな環境の実現を目指す。

【関連記事】
VOYAGE VENTURES、広告制作の大量生産を実現するクリエイターズマッチに出資
ネットイヤーグループが日本技芸を子会社化、クラウド型コラボレーティブウェア市場に参入
クラウドワークス、ベネッセと提携~コンテンツ提供開始へ
クラウドソーシングは個人の新しい働き方として定着するか?【クラウドワークス調査】
ペパボとランサーズ、共同でECクラウドソーシングの取り組みスタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/10/10 11:05 https://markezine.jp/article/detail/18636

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング