SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

READYFORxアサヒグループホールディングスxCCJ、マッチングギフト・サービス第2弾プロジェクトスタート

 オーマが運営するクラウドファンディングサイト「READYFOR」は、マッチングギフト・サービスの第2弾として、アサヒグループホールディングスと「Community Crossing Japan」(以下、CCJ)による「大震災に学ぶ共助のための防災・減災研修事業開発」プロジェクトを10月22日より開始する。

 READYFORは、プロジェクトを達成した実行者が、その後の事業展開や資金調達に挑戦しやすい環境を整えるため、支援企業による「マッチングギフト・サービス」(目標金額の半額を一般から資金調達、達成した場合企業が残り半額を支援する仕組み)を2013年6月より開始した。

 CCJは、東日本大震災の被災者や支援団体等へのヒアリングに基づき、震災が風化しつつある首都圏の防災・減災に今後必要な対策として、住民自治を基本とした共助による実践的な防災研修プログラムづくりを目指し、READYFORでの資金調達を目指す。本プロジェクト(期間:2013年10月22日~2014年1月20日)の目標金額は240万円。アサヒグループホールディングスは一般からの支援が目標金額の半額120万円を達成した場合、残りの半額を支援する。

【関連記事】
「READYFOR?」サービス開始から2年で全体取引金額約1億5千万円を達成
ヤフーとREADYFOR?、クラウドファンディングでアスリート支援
電通、J-WAVE、オーマの3社、クラウドファンディング活用共同事業スタート
サイバーエージェント、クラウドファンディング事業子会社設立~2013年夏からサービス開始
「食」がテーマのクラウドファンディングサイト「東京カレンダーファンド」オープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング