SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日立と乃村工藝社、空間データ・マネジメント・プラットフォーム開発で協業

 乃村工藝社と日立製作所(以下、日立)は、乃村工藝社の空間デザインのノウハウと、日立の人間行動分析などの技術、ITサービスやプラットフォーム製品などの知見を融合させ、空間価値を定量評価するためのデータベースとなる空間データ・マネジメント・プラットフォーム(仮称)の開発などの協業に合意した。今後、空間データ・マネジメント・プラットフォーム(仮称)を活用したソリューションを両社で提供していく予定。

 本協業により、両社は人が集まる商業空間などにおいて人間の行動をセンサーにより計測し、それらを蓄積・分析して、その空間の持つ賑わいや集客力などといった空間価値を定量評価し、評価結果を活用した空間の創造・活性化を実現するといった、マーケティングをはじめとするさまざまな分野での活用を目指す。

 具体例としては、公共施設や商業施設内の空間を行き来する人の行動を計測して定量的に分析。空間の賑わいや集客力など本来持っている価値を見える化し、施設内など空間全体を把握した効率的な施設経営に貢献していく。そして将来的には、交通分野や街づくりをはじめ、社会インフラとしてさまざまな事業領域を対象とし、快適な社会空間、生活者の暮らしを豊かにするための仕組みづくりも視野に入れて検討していく。

【関連記事】
ブレインパッドと日立、ビッグデータ利活用で協業
日立システムズ、ホットリンクに出資、ソーシャルデータ活用・分析サービスを強化
日立と博報堂、マーケティング領域におけるビッグデータ事業で協業合意
ドコモ「モバイル空間統計」を実用化、ドコモ・インサイトマーケティングがリサーチ事業を展開
没入感を伴った空間演出が可能なプロジェクションマッピングの進化形「MEDIARIUM」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/10/28 10:30 https://markezine.jp/article/detail/18742

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング