MarkeZine(マーケジン)

記事種別

LPO戦国時代を勝ち抜け!業界比較で見えてくるLPO対策の勘所

Webマーケティングを行なう上で「LPO対策」は重要なキーワードのひとつだ。しかし、単純に専用ページを用意すれば成果があがるかというと、そうでもないのは読者の皆様もご存知だろう。ここでは、「人材業界」と「教育業界」という2つの業界から、LPO対策の勘所にせまっていきたい。

単純にはいかないLPO対策

 少なくとも日本では、ほんの数年前までランディングページやLPO(Landing Page Optimization)はほとんど注目されていなかった。実際、競合他社はほぼランディングページ対策を行っていなかったし、既存サイトのトップページに広告を飛ばすのは当たり前、少し考えて各サービスカテゴリのページに飛ばす程度であった。

 そのため、少しでも早くランディングページの存在意義に気づき、その対策を施したなら、大抵の競合相手より頭一つ抜けることができたはずだ。しかし、その時代は終わった。ランディングページの重要性に皆が気づき始め、その情報は簡単に入手することができるようになったのである。

 とはいえ、他社と同じように専用のページを用意すれば簡単に成果が上がるかというと、それ程楽観できる訳ではない。対象となるキーワードやターゲット、設定するゴール、はたまた季節、流行など様々な要因によってLPOの施し方も千差万別であることは今更言うまでもない。ここでは、特定の業種に焦点を当て、その業界特性を踏まえた上でのLPO手法を具体的に述べていきたい。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5