SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

アイレップの現場担当者に聞く「アクセス大幅向上作戦」

スマートフォン&スマートテレビ時代のデータ計測

 スマートフォンの隆盛にスマートテレビの登場。今やオンラインマーケティングのデータ計測はWebサイトの計測さえしておけば良い時代では完全になくなった。では、スマートフォンやスマートテレビからのアクセスは、何をどのように計測すれば良いのだろうか? 本稿ではこういったスマートフォンやスマートテレビなどが普及する時代、つまりスマート時代のアクセスを計測する方法を紹介するとともに、具体例としてAdobe SiteCatalyst, powered by Omniture(以下、Adobe SiteCatalyst)ではどういった実装方法が可能なのかについても簡単に触れていく。

計測対象として何が考えられるか

 PCやケータイからのアクセスを計測する場合、計測対象の多くはブラウザで閲覧されるWebサイトであった。しかしスマートフォン、スマートテレビからアクセスされる対象は、ブラウザからWebサイトを見ているケースに加えて、アプリを使用しているケースも非常に多く存在する。また、スマートテレビにおいては、他のデバイスに比べて動画を見ている時間が非常に長くなることは想像に難くない。

 スマート時代のデータ計測は、こういった様々な状況に対してそれぞれのデータ計測が行えるよう対応していくことが求められるのである。以下いくつかのケースについて、どのような方法でデータ計測を行えば良いのか確認していこう。

Webサイトの計測

 計測対象のWebサイトがAdobe SiteCatalystやGoogle AnalyticsといったWebビーコン型のWeb解析ツールを導入している場合、スマートフォン/テレビにインストールされたブラウザがJavaScriptに対応していれば、PCからのアクセスと同様にデータ計測を行うことが可能である。

 しかしながら、JavaScriptの読み込みに時間がかかるとデータ計測が行われないことも多々起こりうる。また、もしスマートフォン/テレビ上のブラウザがJavaScriptに対応していなかった場合は、そもそもデータ計測は不可能である。

 そこで、より確実にデータ計測を行うためには、JavaScriptを使用しない形での計測用タグの実装が必要となる。Adobe SiteCatalystの場合、この状況への対処方法としては通常のJavaScriptを使ったタグに代えて、イメージリクエストを発生させるタグを使用する方法での実装が考えられる。

 こうすることで、読み込みに必要となる時間を短縮させると同時に、JavaScriptに対応していないブラウザからのアクセスも計測可能となるのである。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アプリの計測

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
アイレップの現場担当者に聞く「アクセス大幅向上作戦」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高木 龍平(タカギ リュウヘイ)

株式会社アイレップ グローバルオペレーショングループマネージャー。1976年生まれ。2000年早大理工卒業後、EDSジャパン(現 日本HP)を経て2005年アイレップ入社。各種マーケティングツールの開発、Web解析業務に従事した後、現在は海外へのソリューション提供を画策中。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング