MarkeZine(マーケジン)

記事種別

データアーティスト、東大とマーケター視点のコンテンツ改善LPOフレームワーク構築共同研究を開始

2013/11/21 11:30

 データアーティストは、東京大学工学系研究科総合研究機構イノベーション政策研究センターと、LPOにおいてマーケターの視点からコンテンツの改善案を導き出すフレームワーク構築を目的として、共同研究活動を開始した。計測すべき重要な指標を発見し、どの層に向けてどのようなクリエイティブを表示すれば効果を高められるのかまでを含んだ理論の構築を目指す。

 これまでLPOの発展は、計測や施策を実行する技術が先導してきた。しかしながら、「何を計測するのか」「誰に何のコンテンツを出すべきか」といったマーケティングに基づいたノウハウがなければ、効果的な施策を立案・実行することは難しい。このような背景から、同社は今回の取り組みに至った。

【関連記事】
アイオイクス、新会社「データアーティスト」設立~DLPO事業を移管へ
データアーティスト、ネットリサーチサービス「キーワードインサイト」開始~ユーザーのネット行動を分析し、SEO/SEM対策キーワードやLP改善点を発見
すららネット、東大等と共同でオンライン学習教材活用ビッグデータ分析研究プロジェクト開始
大学発ベンチャー、過半数が黒字経営【帝国データバンク調査】
DNPと丸善、千葉大学にて大学向け教材開発共同研究開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5