SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DeNA、週刊マンガ雑誌アプリ「マンガボックス」リリース~ソーシャルゲームに次ぐ新たな事業となるか

 ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は、12月4日、人気マンガ家の連載作品が無料で読めるスマートフォン及びタブレット端末向け新サービス「マンガボックス」をリリースした。

 今年に入り、複数の出版社から相次いで「連載マンガ」の電子配信がスタートしている。同社はソーシャルゲームに次ぐ新たな事業として、モバイルエンターテインメントを有力な領域と位置づけ、その中心的役割を担う事業の一つとして「マンガボックス」を将来的に収益性のある事業に成長させていく。

 「マンガボックス」は、連載マンガを無料で読むことができる週刊のマンガ雑誌アプリ。毎週水曜日に最新号の更新を開始し、毎日3~5作品ずつ一週間で全作品が更新される。講談社、小学館などとの提携で、異なる出版社の人気マンガ家の新作や人気マンガのスピンオフ作品などを集約し計28作品を創刊号から連載する。バックナンバーについては、最新号を含む過去12号分が常時閲覧可能。印刷物のマンガ雑誌と同様に電子書籍化、単行本化しての販売も行う。

 サービス開始の時点で日本語版と英語版を用意し、将来的にはさらなる多言語対応も検討している。また「マンガボックス」で掲載される作品については積極的にマルチメディア展開なども検討しており、その展開については映像化、商品化経験が豊富な電通と連携し進めていく。

【関連記事】
協和発酵キリンのWEB漫画サイト、2013 WEBグランプリで優秀賞受賞
写真以上動画未満?漫画作成アプリ「COSMO」リリース
サイバー・バズ、BtoBにも使える「マンガ動画マーケティング」を提供
日本のマンガ・アニメ人気、アジア10都市で定着か【博報堂調査】
LINE、電子コミックサービス「LINEマンガ」スタート~小学館・集英社・講談社など参画

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/12/05 10:30 https://markezine.jp/article/detail/18966

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング