SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

リクルート「RecoCheck」、ニューヨークでジオフェンシング実証実験スタート~位置情報に応じて観光スポットを通知

 リクルートライフスタイルが運営するジオ系アプリ「RecoCheck」は、「地球の歩き方 ニューヨーク」のコンテンツデータを搭載し、130以上の観光スポットの中から利用者の位置情報に応じたオススメ情報を配信する「ジオフェンシング」の実証実験を、1月7日より開始した。実施期間は3月31日まで。

 ジオフェンシングとは、地図上にバーチャルなフェンスを設置し、「位置情報のマーケティング活用」の技術。GPS・Wifi・端末基地局・加速度センサーなどのスマートフォン内のセンサー類を駆使して、位置情報を検知し、特定のフェンスの中のユーザーに、リアルタイムに情報配信を行う。

 「RecoCheck」は、友達同士で特定スポットのチェックインやオススメ情報を共有できるとともに、『ホットペッパー グルメ』『ホットペッパー ビューティー』のクーポン、『じゃらんnet』の口コミ情報・評価も表示可能な75,000件のクーポンと連携したジオ系アプリ。

 本取り組みでは、ジオフェンスの位置は該当スポットの近隣などに設置し、「RecoCheck」アプリを起動していない利用者も、観光スポットの近くで認知・リマインドを受け取ることができる。この取り組みを通じて、「RecoCheck」利用者の実来訪数やジオフェンシングによる通知後の来訪率の検証を行う。

【関連記事】
ビックカメラで位置情報に応じたおトク情報配信「ジオフェンシング」の実証実験
「STORES.jp」とホームページ作成サービス「Yahoo!ジオシティーズ」が連携開始
adingo、プライベートDMP「cosmi Relationship Suite」でジオデモグラフィマーケティング実現
ゼンリンデータコム、位置情報活用サービスで協業~メーラーとカレンダー、位置情報を一体に
NRI、2017年度までのITロードマップ発表~位置情報サービスの進展がカギ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/01/07 12:45 https://markezine.jp/article/detail/19106

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング