SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2013年Q4、米国ではスマホ広告とPLAが驚異的な成長

 2013年の第4四半期の年末商戦は好調のうちに幕を閉じた。米国のデジタルマーケティングテクノロジー企業IgnitionOneが発表したレポートによると、2013年第4四半期の検索広告費は前年同期比12%増。デバイス別では、タブレットが前年同期比82%増と好調だったが、スマートフォンは253%増と驚異的な成長を見せた。タブレットの伸びが落ち着いて見えるのは、エンハンストキャンペーンのターゲティングの制限によるものと見られる。

 また、Googleの広告サービス「Product Listing Ads(PLA)」が大きく成長していることが明らかになった。前年同期比で、PLAのインプレッションは380%増、クリックは312%増、そして広告費は618%増となっている。PLAはインプレッション全体の10%、クリックの13%、広告費の16%を占めており、従来のPPC型検索広告を大きく上回っている。

【調査概要】
本調査は、IgnitionOneが、Google AdExその他のディスプレイネットワーク、およびGoogle、Yahoo!、Bingの検索ネットワークにおいて、990億以上のインプレッション、27億以上のクリックをトラッキングして集計したもの。調査期間:2013年1月1日~2013年12月2日

【関連記事】
有償化したGoogleの「商品リスト広告」、クリック・広告費ともに増加
日本でも「Googleショッピング」の検索結果を「商品リスト広告」ベースの商用モデルへ移行
スクー、スマホで生放送授業が閲覧できる『スクー生放送』アプリ公開
新しいスマホゲーム、約3割が「今遊んでいるゲーム内で表示された広告を見て」
楽天2Q決算、好調の国内ECはモバイル・タブレット流通総額が前年同期比48.4%増

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング