SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホユーザーの約8割がゲームを利用/長時間利用はファミコン世代【ニールセン調査】

 ニールセンは、スマートフォン視聴率情報Mobile NetViewの12月データ、および、PC版インターネット視聴率情報NetViewの12月データをもとに、インターネット利用時間における各サービスカテゴリのシェアを分析し、結果を発表した。

 パソコンではブログやSNSを含む「メンバーポータル・コミュニティ、SNS」が利用時間全体のうち17%を占め、スマートフォンでは「ソーシャルネットワーク」が23%を占める結果となった。パソコン、スマートフォン共にSNS等の利用時間が大きなシェアを占める中、スマートフォンではゲームの利用時間が全体の15%を占め2位にランクした。

 スマートフォンのゲーム利用状況に着目すると、スマートフォンからのインターネット利用者のうち約8割の人がゲームを利用していた。また、ゲーム利用者一人あたりの利用時間としては、1日あたり平均して16分ゲームを利用していました。

 また、高校までにインターネットが普及しており、様々なオンラインサービスに慣れ親しんでいる18~34歳と、小学生~高校生の頃にファミコンが発売された35~49歳の間で、スマートフォンのインターネット利用時間シェアを比較してみた。

 18~34歳ではSNS利用時間のシェアが最も高く29%を占め、ゲーム利用時間のシェアは12%だったのに対し、35~49歳ではゲーム利用時間のシェアが最も高く20%を占めていた。

 同社 アナリストの高木史朗氏は、「生活者の限られた生活時間のうちシェアを占める上で、スマートフォン利用時間のうち15%もの時間をゲームが占めているという点は注目すべきポイントだ。また、インターネットと慣れ親しんでいる世代よりもファミコン世代の方がスマートフォンでゲームを利用しているという点も、重要な特徴と言える。若年層は、ゲームよりもSNSやLINE等で友達とコミュニケーションをとることに多くの時間を割いていることが、世代の違いを大きく反映している」とコメントした。

【関連記事】
6割超が海外スマホゲームで遊んだ経験ない~チュートリアルの日本語対応がカギか
スマホゲームに飽きるまでの期間は?「1か月」が約2割で最多
新しいスマホゲームをはじめたきっかけ、約3割が「今遊んでいるゲーム内で表示された広告を見て」
アメーバ、スマートフォンゲームにおける広告商品拡充・販売強化へ
LINE事業売上額は99億円(2013年7-9月期)~ゲーム課金約6割、スタンプ課金は約2割

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/01/29 10:15 https://markezine.jp/article/detail/19213

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング