SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エクスペリアンジャパン、顧客のペルソナを手軽に把握できる「Mosaic Basic Report」

 Mosaic Basic Report は、消費者セグメンテーションデータ「Experian Mosaic Japan」(※)を活用し、企業が保有する顧客データを優良顧客と苦手顧客に分類。顧客のペルソナ把握を手軽に実現し、新しい顧客開拓における基礎情報獲得に寄与する。また、顧客理解を通じたCRM施策にも活用できるものになっている。

 「Mosaic Basic Report」は、Mosaic の中では最も基礎的な位置づけのレポート。Mosaicの既定データを活用し、優良顧客、育成・休眠顧客のプロファイルを作成。Mosaic特有の顧客の特性理解や、今後の戦略立案、施策実施における有効性や将来の可能性を確認し、より手軽に顧客のペルソナを把握することが可能となる

 Mosaic Basic Reportは郵便番号をベースとした調査のため、顧客の状態を定点で観測し続けることができるため、顧客の育成を比較・検証することが容易になる。また、既定のデータ以外の内容を活用し、カスタマイズされた分析を行うこともできる。

※「Experian Mosaic」は25年前に英国で開発され、現在29か国、7億世帯、23億人以上の消費者を分類する消費者セグメンテーションデータ。ジオデモグラフィック(地理学的・人口統計学的)な分類方法で、居住地域の特性によって消費者を分類している。日本における最新版となる2010年度版は、新たなデータソースとして、所有している車のタイプ、保険、負債、オンライン上の行動、さらに震災や原発事故の影響も要素として含まれる。

【関連記事】
エクスペリアン、「MailPublisher」を「Xrost DMP」と連携、購買履歴などをもとにパーソナライズメールを配信
オプト、「Xrostペルソナターゲティング」をリリース
電通、アライドアーキテクツとFacebookを活用したファン顧客育成サービス開発
インテージ、「商品DNA・サイトDNA」を用いたビッグデータ活用サービス「Genometrics」
高速屋、ビッグデータに対応した高速データ解析ソリューション「スキーマレスデータ分析エンジン」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/01/28 13:00 https://markezine.jp/article/detail/19217

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング