SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

cci、アドエクスチェンジ「OpenX Market」を「DoubleClick Bid Manager」と接続、海外事業を拡大

 サイバー・コミュニケーションズ(cci)が日本国内で展開している「OpenX Market Japan」は、複数のメディアの広告在庫を一元化した上でオープン化し、オンライン上で広告在庫の売買が可能になるアドエクスチェンジサービス。米国OpenX Technologiesとの提携により提供を開始し、2014年2月現在で月間130億インプレッションを超える広告在庫を取り扱っている。

 今回「OpenX Market Japan」は、グーグルが運営する「DoubleClick Bid Manager」との接続を完了し、アドバタイジングドットコム・ジャパンが運営する「AdLearn Open Platform(AOP)」と近日接続する予定となっている。

 また、cciが東南アジアで運営している「OpenX Market Southeast Asia」は、各国のローカルパートナーとの提携により、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、インドにおいて現地の媒体社から在庫提供を受けており、PC在庫を中心に規模を拡大。今後は、サービス名称を「OpenX Market APAC」に変更し、東南アジア圏のみならず、韓国、香港、台湾、オーストラリア、ニュージーランドへと領域を拡大するとともに、アドエクスチェンジサービスの啓蒙活動に取り組む。

【関連記事】
cci、OpenX Software Limitedへ資本参加
cci、オンラインアドエクスチェンジ「OpenX Market Japan」でスマホ・タブレット対応
cci、アドエクスチェンジ「OpenX Market Japan」のフルサービス提供開始
Opera Software、モバイル向けアドエクスチェンジサービスを開始
マイクロアドとFringe81、データエクスチェンジで提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング