SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

One to Oneマーケティングでキャンペーン反応率が3倍に!売上向上を実現する国産CMS「Aimstar」

 高度な機能はありがたいが、実際には使いこなせていない……。そんな経験が思い当たるマーケターの方もいるのではないだろうか。統計分析の知識が少ないマーケターでも、高度な機能を簡単に使えるように、かつ売上を向上させることにこだわりぬいた国産キャンペーン管理ツールが「Aimstar」だ。その特長や基となったスピリット、そして今後の展望を、スプリームシステムコンサルティングの佐久間卓哉氏にうかがった。

売上に直結させることができるツールを開発したい

 昨今、One to Oneコミュニケーションやクロスチャネルマーケティングへの取り組みを背景に、それらを実現するツールとして“キャンペーンマネジメントシステム(CMS)”への注目が高まっている。CMSは海外製品が多いが、日本の商習慣やマーケティング現場の声を反映して開発された純国産のキャンペーン管理ツールが「Aimstar(エイムスター)」だ。その開発は、スプリームシステムコンサルティング株式会社 代表取締役 佐久間卓哉氏の苦い経験がきっかけになっているという。

スプリームシステムコンサルティング株式会社 代表取締役 佐久間卓哉氏

 「かなり昔になりますが、私の前職はコンサルタントで、お客さまが分析した内容の要件定義からシステム構築までを行ってきました。データウェアハウスのスキーマのモデル化や、ビジネスインテリジェンス(BI)関連のOLAPおよびマイニングのツール導入などを担当していました。当時、OLAPやマイニングでさえ、“分析機能”というのは単に分類や集計にすぎず、売上や利益にダイレクトに貢献できるものには程遠いものでした。BIツールで分析ばかりしていましたが、役員から『お勉強ばかりしてないで!』というお叱りをいただいたことも。それに反省したことが開発のきっかけとなりました」

 同社を起業してからは、ITコンサルティング業務を行う傍らで、「売上と利益をアップさせるためのアプリケーションをつくりたい」と、Aimstarの開発をスタート。これまでユーザーに委ねていた“ビジネスで結果を出す”というフェーズもアプリケーション化するために、仮説検証やマイニングなどの分析機能を充実させるだけでなく、DBマーケティングとしての業務機能も開発していった。「今では通販企業などダイレクトマーケティングで必要な機能の多くを開発してしまった感じですね」と、佐久間氏はAimstarの多機能さを語る。

初心者でも扱えるノウハウのつまった豊富な分析テンプレート

 ただし、機能がたくさんあったとしても、実際に使いこなせなければ意味がない。統計分析の初心者のマーケターでも、手軽に使えるというのがAimstarの大きな特長の一つだ。

 例えば「Webからのサンプル購入で、本商品購入した人の数」「商品の購入間隔」「定期コース別のリピート状況」など、マーケターが見たいKPIが、分析スキルがなくてもすぐに利用できるように80種類以上もの豊富な分析テンプレートが搭載されている。

 「かつてユーザーの要望を多く取り入れた結果、機能は豊富になり、分析上級者には好評だった一方で、初心者には小難しいツールになってしまいました。そこで、分析画面とフローチャートの活用でGUIを大幅に変更し、複雑な機能を簡易に表現することで大幅に改善しました。その結果、初心者にも使いやすくなり、評価が一気に高まって導入数が3倍くらいに伸びました。統計解析などの専門知識がなくても、SQLの知識がなくても、かつシステム部門のサポートがなくても、マーケター自身で使え、売上に直結しやすくなる点がAimstarの大きな魅力です」

純国産のキャンペーン管理システム「Aimstar」

※リンクをクリックすると外部サイトへ遷移します
ツール画面はほぼ日本語表記で簡単に使える!日本の商習慣やマーケティング現場の声を反映して開発された純国産のキャンペーン管理ツール「Aimstar」の詳細はこちら

次のページ
高度なキャンペーン管理機能も、使いこなせる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

東城 ノエル(トウジョウ ノエル)

フリーランスエディター・ライター 出版社での雑誌編集を経て、大手化粧品メーカーで編集ライター&ECサイト立ち上げなどを経験して独立。現在は、Webや雑誌を中心に執筆中。美容、旅行、アート、女性の働き方、子育て関連も守備範囲。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/16 14:52 https://markezine.jp/article/detail/19436

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング