SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

小学校高学年の4割弱がスマートフォンを所有【未成年の携帯電話・スマートフォン使用実態調査】

 デジタルアーツは、「未成年の携帯電話・スマートフォン使用実態調査」を実施した。今回で第5弾となる本調査から、約2年強で未成年者のスマートフォン所有の低年齢化が著しく進み、今後もこの傾向がさらに高まると推測される。

未成年の携帯電話・スマートフォンの所有率

スマートフォンの使用有無と今後の利用意向

 何らかの携帯電話を持つ未成年者(10~18歳)のスマートフォン所有率は60.4%となり、半年で10%上昇した。小学生(10~12歳)は37.9%、中学生は55.3%、高校生は87.9%となり、特に女子高校生は95.1%と最も高い所有率であった。

フィルタリング使用状況

 全体のフィルタリング使用率は30.9%で、スマートフォン所有者は32.2%、スマートフォン非所有者は29.0%であった。また1日の使用時間は、小中学生は1時間未満、高校生になると3~6時間未満が約3割と最も多くなった。また、スマートフォン所有者は長時間に渡り使用する傾向が見られた。

半数以上が携帯電話・スマートフォンのない生活は考えられない

 未成年者全体の23.9%が「使い過ぎ」と注意を受けた経験があり、対策として気をつけていることは「歩く時はいじらない」(39.1%)、「自転車を運転する時はいじらない」(35.3%)、「人と一緒にいる時はいじらない」(29.3%)に。

携帯電話・スマートフォンのない生活が考えられるか?

 また、親子ともに「携帯電話/スマートフォンのない生活は考えられない」と2人に1人が回答した。女子高校生は70.9%、スマートフォン所有者は62.7%とやや高くなった。

【調査概要】
調査対象:何らかの携帯電話・スマートフォンを持つ全国の10~18歳の男女及び、全国の未就学児から18歳の子どもを持つ保護者
調査期間:2014年2月17~18日
調査方法:インターネット調査
有効回答数:1,242サンプル(未成年者:618サンプル、保護者:624サンプル)
実施機関:マクロミル

【関連記事】
子どものいる家庭が参加している「地域コミュニティ」は?
トイザらス、子ども向けタブレット端末「tabeo」を10月発売
「Yahoo!検索」で東北3県の子供たちに寄付金を~「Search for 3.11」チャリティー実施
スマホを使って子供と一緒に遊んでいるママは約半数
10~12歳のパソコン使用率は約7割に【キャラクターと子供マーケット調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/11 12:11 https://markezine.jp/article/detail/19438

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング