MarkeZine(マーケジン)

記事種別

良品計画、「無印良品ネットストア」と「MUJI passport」のビッグデータ分析に「トレジャーデータサービス」を採用

2014/03/14 14:00

 ネットショッピングサイト「無印良品ネットストア」の登録会員数は430万人以上で、平均して毎日11万人超の利用者が同サイトを訪問している。良品計画は、同ストアにアクセスする利用者の各種ログデータの収集、保管、分析作業を効率的に行うため、トレジャーデータが提供するDMS「トレジャーデータサービス」を採用した。

 スマホアプリ「MUJI passport」は会員数140万人。商品購入に応じて提供される「MUJIショッピングポイント」を管理したり、無印良品で利用可能な特別クーポンを利用できる。良品計画はこのアプリの利用状況の把握、分析においてもトレジャーデータサービスを活用する。

 「トレジャーデータサービス」は、大容量の時系列データを収集・保管・集計することができる、クラウド型データマネージメントサービス(DMS)。ブラウザで容易にデータを可視化することができる機能や、アドホックなクエリーの実行速度がさらに高速化されるオプションサービスも提供している。

 良品計画では、「トレジャーデータサービス」を導入し、利用者のビッグデータ分析を行うことで、「無印良品ネットストア」と実店舗である「無印良品」間において、互いに利用者を送客し合える環境構築を目指す。

【関連記事】
「MUJIxUR 団地リノベーションプロジェクト」首都圏展開へ
良品計画、チャリティー・オークション「Found MUJI FLEA」開催
シェアルームに、無印良品で暮らすキャンペーン
日立、デンマークにビッグデータラボ設立
トライアックスとスペイシーズ、「CMSxプライベートDMPxビッグデータ」ソリューション開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5