SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソーシャルギフトを一番活用しているのは30代男性【JADMA「買い物をしたいネットショップ調査」】

 日本通信販売協会(JADMA)は、全国の15歳~69歳の男女を対象に調査を行い、計1000の有効サンプルを得た(男性500名、女性500名)。買い物をしたいネットショップの条件を聞いたところ、1位は「品揃えが多くて何でも買える」(60.8%)、2位は「クレジットカードが使える」(49.6%)、3位は「ポイントが貯まる(還元率が良い)」(46.4%)となった。

 10代女性では「品揃えが多くて何でも買える」(71.1%)、「商品を最安値で買えるチャンスが多い」(56.6%)、「利用者数が多い」(54.2%)といった項目の割合が高い。一方、50代女性では「ユニークな商品や限定品も探せる」が約3割と他の年代に比べて高いほか、「クレジットカードが使える」(63.9%)、「配達状況が確認できる」(61.4%)、「日本国内にある企業が運営している」(41.0%)、「売り手の顔が見える」(30.1%)といった項目を重視している。

C2Cの新たな形“ソーシャルギフト” 30代男性の5人に1人が経験

 「ソーシャルギフトサービス」とは、SNSなどを活用して、住所がわからなくても相手に贈り物を贈ることができるサービスを指す。メールアドレスやSNSのアカウントを知っていれば、電子書籍やSNS上で使えるスタンプなどのデジタルコンテンツのほか、食品や花といった実際の物品まで、さまざまなものをプレゼントできる。

 このソーシャルギフトについてたずねたところ、利用経験者は全体の13.5%。日常的に利用される段階にはまだ達していないようで、「頻繁に(利用している)」と答えた人は1.8%にとどまった。30代男性では利用経験率が21.4%、20代男性では「頻繁に」の割合が8.4%と、他の層に比べて高くなっており、若年男性はソーシャルギフトサービス利用の先駆けとなっているようだ。

【関連記事】
ペパボ、『カラーミーショップ大賞2014』一般投票を開始
LINE MALL、ユーザーが買いたい値段を自由に決めて参加する「チャンスプライス」スタート
大丸松坂屋、Facebook IDでギフトを贈れるソーシャルギフトサービス「贈 okurune」
Yahoo!ショッピングがAPIを約50本公開、7月には「注文系API」も
スマホでのネットショッピング利用経験は65%

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/19 17:30 https://markezine.jp/article/detail/19498

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング