SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IBM、1億ドルを投資し、戦略・データ・デザイン融合のコンサルティングを展開、世界10か所にラボ設立

 IBMは、カスタマー・エクスペリエンスのデザインやエンゲージメントを支援するため、1億ドル以上を投じて世界中のコンサルティング・サービスを拡張する。その一環として、世界10カ所に「IBM Interactive Experience Lab(IBMインタラクティブ・エクスペリエンス・ラボ)」を開設。データ活用やデザインを通じ、パーソナライズされた新しいエンゲージメントのモデルを創造するため1000人の社員を採用するとしている。

 バンガロール、北京、グローニンゲン、ロンドン、メルボルン、メキシコシティー、ニューヨーク、サンパウロ、上海、東京に開設されるこのラボは、IBMの研究員やコンサルタントだけでなく、エクスペリエンス・デザイン、モバイルおよびデジタル・マーケティングの専門家が配置される。この多分野にまたがる専門家のチームは、ビジネス上の課題を分析し、次世代のモバイル、ソーシャル、アナリティクス、およびクラウド・テクノロジーを統合したソリューションを共同で開発する。IBMは、今後もラボを開設していく予定だ。

 IBM グローバル・ビジネス・サービス担当シニア・バイス・プレジデントのBridget van Kralingen氏は「ビジネス戦略とユーザー・エクスペリエンスのデザインの間には、もはや明確な区別はない。エクスペリエンスの質は、いかにパーソナライズした情報を提供できるかに完全に依存している。私たちは戦略コンサルティングやビッグデータに関する強みによって、世界一流のデザインとIBMの基礎研究所という包括的な領域においてサービスを提供する」と語っている。

【関連記事】
日本IBM、ビッグデータから価値を抽出するビジネス・コンサルティングを強化
リードナーチャリングを自動化する「Oracle Eloqua」提供開始
SAS、オムニチャネル化を支援する「SAS Adaptive Customer Experience」国内提供
SAPとSASが提携、リアルタイムエンタープライズ強化を推進
日立、デンマークにビッグデータラボ設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング