SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イオンと日本通信、月額2980円で利用できる「イオンのスマートフォン」を発売

 イオンと日本通信は、全国の総合スーパー「イオン」など約170店舗にて、通信料金と本体代金あわせて月額2980円で利用できる「イオンのスマートフォン」を発売する。通信サービスはb-mobile、端末本体はnexus 4、全国8000台限定で、4月1日から店頭で予約受付を開始する。

 「イオンのスマートフォン」は、「料金体系が分かりにくい」「必要な機能に絞れば料金を抑えられないか」という声に応えるために提供するもので、わかりやすい料金体系とともに、通信音声通話やWEB閲覧などの機能に絞ることで利用者の通信コストを削減する。

 端末「nexus 4」の代金は月額1420円×24回支払で、端末総額は3万4080円。通信サービス料金は月額1560円から利用できる。通信サービスのみを解約することができ、2年以内の解約であっても契約解約金は発生しない。

【関連記事】
ヤフー、イー・アクセス株式取得、日本初インターネットキャリア事業「Y!mobile」を6月始動
イオンの目指すオムニチャネルが、「イオン幕張新都心店」から始まる
EC&動画サイトはスマホへシフト、20代・30代ではスマホからのネット利用がPCを上回る
デスクトップ検索広告費は大幅に減少、モバイルへのシフトが鮮明に
クックパッド、iPhoneアプリで「近所のスーパー特売情報xレシピ検索」が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/31 14:40 https://markezine.jp/article/detail/19577

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング