SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マリンソフトウェア、「CONTEXT CONNECT」発表~株式市場動向等の外部データを取り込んだマーケティング活動の最適化を実現

 マリンソフトウェアは、4月8日、「Marin Context Connect」を発表した。「Marin Context Connect」は、サードパーティーアプリケーションとの連携において、APIを介さず直接接続を可能にする「Marin Connect」の主要機能の一部。

 同社の調査によると、米国で最も厳しい大寒波となった週(2014年1月19~25日)、米国の小売業分野における検索広告インプレッション数、クリック数、消費額は過去の記録と比較して大幅に増加した。検索広告インプレッション数の1,500%を超える増加に対し、クリック数、消費額はそれぞれ268%、79%の増加にとどまった。このデータは、異常な寒波が原因でネットショッピングに費やす時間が増えた消費者が数多くいたにもかかわらず、広告主は急激な環境の変化に対応できなかったということを示している。

 消費者の行動は複雑であり、外部要因や環境要因によって商品やサービスの需要は常に変化する。「Marin Context Connect」を活用することで、天候、テレビ番組、在庫、各種スポーツの試合結果、株式市場の動向など、多種類のコンテキストデータを取り入れることが可能になる。これにより、デジタルマーケティングの展開を高度に最適化し、ビジネスに影響する環境の変化を商機に変えることができる。

【関連記事】
フリークアウトとイーグルアイ、天気情報に基づいたRTB買付機能を共同開発・提供開始へ
2013年、広告主のPLA予算投入額は約300%増加【マリンソフトウェア調査】
マリンソフトウェアとBlueKaiが提携~オーディエンスデータと検索広告の融合を実現
マリンソフトウェアとメディアマインド、サーチ マーケティング領域での連携を発表
ツイートがきっかけで「テレビ番組を観たことがある」が約8割――米調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/09 11:30 https://markezine.jp/article/detail/19647

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング