MarkeZine(マーケジン)

記事種別

意外と知らない「アクセス解析」と「広告効果測定」の違い

2007/11/01 12:00

インターネット広告を効果的に活用することは、今後重要なスキルになるだろう。株式会社ロックオンが提供する広告効果測定システム『AD EBis(アドエビス)』(以下、『アドエビス』)は、精細な広告効果測定を誰でも簡単に検証できる画期的ツールだ。広告効果測定の基本的な考え方や『アドエビス』の特長について伺った。

「アクセス解析ツール」と「広告効果測定ツール」は違う

 「アクセス解析ツール」と「広告効果測定システム」の違いをたずねられて、即座に答えられる人はどれくらいだろうか。ほとんどの人は「どちらもWebアクセスやそこで発生した購入数などを計測するツール。けっきょく呼び名の違いにすぎない」と考えているのが実情だろう。しかし、それに対して株式会社ロックオン 代表取締役の岩田進氏は、あえて強く意義を唱えたいという。

株式会社ロックオン 代表取締役 岩田進氏

 「たしかにどちらも、広告を打った結果どれくらいのアクセスがあったのかを検証し、次の一手へ向けた方策を考える、いわゆる広告のPDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルの中で、チェックの部分を担っているという共通点を持っています。しかし細かく見ていくと、最終的にその広告効果を正確に測れるかどうかという点で、両者には大きな差があります」。

「広告効果測定システム」「LPOツール」「アクセス解析ツール」それぞれの役割が違う

 そして、岩田氏は、広告効果測定システムに必要な条件として、大きく3つの要素を挙げる。

くわしい製品情報はこちらから! お問合せはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5