SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

世界3大SSP「PubMatic」いよいよローンチ。急拡大するプログラマティックな広告取引市場を取り逃すな!

 世界6か国で提供され、世界3大SSPの一つと言われる「PubMatic」。いよいよ5月14日より、日本市場での提供が開始する。そのローンチにあたって、PubMatic社のRob Jonas氏とJason Barnes氏、ソネット・メディア・ネットワークスの地引剛史氏にお話しをうかがった。

世界3大SSP「PubMatic」、いよいよ日本市場でローンチ

 2014年1月に、世界3大SSPの一つと言われる「PubMatic」を運営するPubMatic社と、ソネット・メディア・ネットワークスが業務提携を行い、業界の話題になったことは記憶に新しい。そして先日、5月14日より、日本国内におけるSSP「PubMatic」の提供・運用が開始することが発表された。そのローンチにあたり、来日していたPubMatic社のRob Jonas(ロブ・ジョナス)氏とJason Barnes(ジェーソン・バーンズ)氏、ソネット・メディア・ネットワークスの地引剛史氏にインタビュー取材を行った。(関連ニュースはこちら

PubMatic社 
Global Chief Revenue Officer
Rob Jonas氏

――日本におけるPubMaticの展開において、ソネット・メディア・ネットワークスと手を組んだ理由を教えてください。

Rob氏:「大きく3つの理由があります。1つ目は、ソネット・メディア・ネットワークスがメディアにフォーカスしたビジネスを展開している点です。弊社もメディアにフォーカスしたプロダクトを提供していることから、クライアントに対しての考え方が一致していました。

 2つ目は、彼らのビジネスに取り組む“ambitious(熱意)”です。パートナーシップを組んで仕事をしていく上で、一緒に大きなビジネスをつくっていけると期待したからです。

 そして3つ目の理由は、日本でビジネスを展開していく上での経験と知識を豊富に持ち合わせていると同時に、グローバルなビジネスの考え方と、双方の視点を持ち合わせている企業だからです」

「PubMatic」の日本市場でのローンチはベストタイミング

――日本市場において、すでに国内企業が提供するSSPツールは複数ありますが、このタイミングでのPubMaticのローンチはベストなのか、もしくは遅いと考えていますか?

Rob氏:「日本市場におけるローンチのタイミングは、遅すぎたとは思いません。すでに日本市場では様々なSSPがありますが、機能面でのPubMaticのシステムは、現在日本ですでに展開しているSSPサービスよりも優位性があると考えています。

 加えて、日本において、今後2~3年のうちにSSPを使った運用についての考え方は大きく変わっていくでしょう。このような2~3年後の状況に対応した機能を、すでにPubMaticでは提供できていると思います」

地引氏:「日本のマーケットに参入するタイミングに関しては、とても良いと考えています。例えば1年半前であれば、それぞれの機能の違いはそれほど認識されておらず、SSPであればどれも同じように捉えられていました。

 PubMaticはかなり多機能な製品ですので、少し前のタイミングであれば“too much”と捉えられたでしょう。多くのメディアがSSPを導入するようになってきた今日、それぞれのSSPの機能が認識・評価されるまでに市場が育ってきたと言えます」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
多機能なSSP「PubMatic」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

安成 蓉子(編集部)(ヤスナリ ヨウコ)

MarkeZine編集部 編集長 1985年山口県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。専門商社で営業を経験し、2012年株式会社翔泳社に入社。マーケター向け専門メディア『MarkeZine』の編集・企画・運営に携わる。2016年、定期誌『MarkeZine』を創刊し、サブスクリプション事業を開始。編集業務と並行して、デジタル時代に適した出版社・ウェブメディアの新しいビジネスモデル構築に取り組んでいる。2019年4月、編集長就任。プライベートでは...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/08 08:00 https://markezine.jp/article/detail/19850

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング