SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!プロモーション広告をマンガで理解!

スポンサードサーチのスペシャリストが指南!成功に近づくための「アカウント整理術」とは?

検索連動型広告を効果的に運用するためのコツを、できたてホヤホヤの雑貨ショップを例にご紹介します。今回のキーワードは「アカウント構造の整理」です。アタマを悩ませて設定したはじめてのキャンペーンを、その効果をみながらより良いものに改善するためのヒントが満載です!(スポンサードサーチ申込み方法の解説は、前回の記事をご覧ください)

※2013年1月29日よりYahoo!リスティング広告はYahoo!プロモーション広告に名称変更しました。
ワタシが聞いて参ります!
ステンレス製のオリジナル雑貨のショップ「kurobo工房」の店長。申し込みホヤホヤのスポンサードサーチに悪戦苦闘の毎日。じつは、MarkeZineでおなじみ「樂」のムーさんのお母さん。

私たちがご指南します!
Dr.T & Dr.M
キャンペーンの作り方、広告の作成から広告効果の検証まで、スポンサードサーチのことならなんでもござれのスペシャリスト。

とりあえずはじめてはみたものの……

 前回の記事で、初めてスポンサードサーチに申し込んでみたkurobo工房。サイトで販売している雑貨の種類や、どんな時に商品を買ってもらえそうか、探してもらえそうかを手がかりにいろんなキーワードを登録してみました。

 「ステンレス 雑貨」 ← ステンレス製の雑貨なので
 「雑貨 プレゼント」 ← プレゼント向きの雑貨なので
 「トランペット 人形」 ← トランペットを吹いている人形もあるので

 ……などなど、すべてあわせて計300コ弱(はじめは20コくらいだったんですけど、なかなかインプレッション(表示数)が増えないので、少しずつ追加していたらけっこうな数に)。

 で、キーワードを増やしていくうちに、「ひとつのキャンペーンにどのくらいの数の広告グループを入れたらいいの?」「ひとつの広告グループにはどのくらいの数のキーワードを入れたらいいの?」「広告文とキーワードでは、どちらを先に決めればいいの?」と謎は深まるばかり。

 疑問を解決しないまま、「雑貨だけじゃなくてグッズというキーワードもありかな」「今度催事に出展するからそのキャンペーンも作ろう」「このキーワードにはこの広告文はあわなそうだから違う広告グループにしよう」などなど、思いついたことを手当たり次第に試すうちに、

 キーワードを増やしたり減らしたり
  ↑↓
 広告グループを増やしたり減らしたり
  ↑↓
 キャンペーンを増やしたり減らしたり

 気がついたらこんなループに入っていて、サイト更新の時間がなくなった……という悲しい一日も。そこで今回はオーバーチュアを訪ね、色々と聞いてみることにしました!

 スポンサードサーチを始めたばかりなのですが、これから何をすれば良いか、教えてくださ~い。

まずは「アカウント構造とキーワードの整理」を行おう!

こんにちは。私たちは、日ごろオーバーチュアのコンテントスペシャリストとして、みなさんのサイトのスポンサードサーチ効果向上のためにお手伝いをさせていただいています。どうぞよろしくお願いします。

私たちは普段、アシストプランでご登録いただいたお客様のご依頼を受け、お客様のホームページを拝見して、お客様の訴求ポイントにあったキーワードを出すことからはじめます。その際に、関連性のあるキーワード群をお客様がご自身で管理、運用しやすいようにいくつかにまとめます。それが「広告グループ」です。今回は、すでにゆーさんが作成しているキャンペーン、広告グループ、キーワードをそれぞれ拝見し、今後の運用がしやすいようにアカウントの整理についてアドバイスさせていただきますね。このアカウントの整理ができていないと、「あのキーワードはどこだっけ?」と探し回ることになったり、効果を正確に検証できなくなったりするんです。

効率良い運用や正確な効果検証に大事な
「アカウントの整理」をきっちりやろう!
ちなみに、効果を検証できるのが、オーバーチュアのスポンサードサーチに搭載された「広告最適化機能」です。「広告テスト」については後ほどご説明するとして、まずは「アカウント構造の整理」のステップについて順にご説明していきましょう。

次のページ
STEP1:キャンペーン・広告グループの見直しと整理

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Yahoo!プロモーション広告をマンガで理解!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

伊藤 真美(イトウマミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング