SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

女性がストレス発散に費やす月額コストは3,000以内が半数【ニッセン調査】

 ニッセンが運営するプレゼント・懸賞サイト「nissen もらえるネット」は、30・40代以上の女性約800名に対して「ストレスに関する意識調査」を実施した。

 「あなたはストレスがありますか」の質問に対し、8割の方が「少なからずストレスはある」と回答。中でも、フルタイムやパートタイムで働く方の約9割が「ストレスがある」と答えた。一方で、「ストレスが全くない」と答えた方は全体の0.6%しかおらず、新しい生活や環境など変化が多いこの時期特に、ストレスが溜まりやすい方が多いようだ。

 ストレスの発散方法に関しては、「買い物をする」という方が16.7%と最も多く、次いで「誰かに話す(16.0%)」や「寝る(14.5%)」という結果に。ストレス発散の頻度に関しては、1週間に1回以上の方がおよそ8割と大半を占めた。その一方で、「あなたはストレス発散に月平均にいくらかけていますか」という質問に対しては、かけない人が3割、5,000円未満が4割強と、お金をなるべくかけないでストレス発散する方が多いようだ。

 そして「これから試したいストレス発散方法は何ですか」の問いに対しては、「体を動かす(25.3%)」「旅行やドライブをする(21.7%)」といった回答が多く、アクティブな体験をすることでストレス発散をすることを望んでいる結果となった。

【調査概要】
調査期間:2014年4月14~21日
調査対象:30・40代以上の女性
サンプル数:約800人

【関連記事】
9割以上の女性、お弁当を選ぶポイントは“見た目”、初夏のKawaiiお弁当フェア開催
パルコ、女性向けハワイアンビアガーデン期間限定オープン!
女性向けストア「Amazon Woman」、ユーザーの半数以上がスマートフォンで商品購入
「スク―」、料理や書道など女性のキャリア・ライフスタイル支援授業スタート
宝島社、アラフォー女性ファッション雑誌『オトナミューズ』売行き好調

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/20 11:30 https://markezine.jp/article/detail/20020

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング