SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Sizmek、RTBの専門家チーム「Sizmek Vantage」を立ち上げ

 Sizmekが立ち上げた専門家チーム「Sizmek Vantage」は、キャンペーンのパフォーマンスを改善し、デジタルチャネルを横断するプログラマティックキャンペーンの最適化によって、メディアエージェンシー、ブランド企業、トレーディングデスクを支援するサービスを、北米、ヨーロッパ、アジアで展開する。

 この専門家集団には3つの機能がある。トレーディングサービスの管理、プログラマティックなコンサルテーション、そして、クリティカルなRTBデータを顧客のその他のデジタルな活動へ結びつけ、プログラマティックなバイイングにリッチメディアを加えるのを支援すること。

 その最適化は、ディスプレイ、モバイル、ビデオ、リッチメディア、ソーシャルを横断したプログラマティックなキャンペーンにまで及び、コンサルテーションから、リクルート、トレーニング、サーティフィケーション、テクノロジーとデータの評価、そしてエージェンシやブランドのための顧客開発までこなす。

 同社によると、現在デジタルエージェンシーの4分の1がプログラマティックバイイングを行っており、マーケターはダイレクトとリアルタイムの2つのバイイングを横断したパフォーマンスを最大化する方法を模索している。Sizmek Vantageはそこにあるさまざまな障害をその技術力と知見によって解消する。

 また、ダイレクトとプログラマティックなキャンペーンの分析および実装を支援するため、SizmekはDSPとSSPを統合し、トラフィッキングを自動化し、標準ではないクリエイティブユニットへもアクセスできるテクノロジーを構築中である。

【関連記事】
Sizmek、データソリューション「Peer 39」で気象ターゲティング属性が利用可能に
動画広告では9割が“テレビ的な”固定CPMによる在庫予約型のバイイング
アメリカン・エキスプレスは100%、P&Gは70%をプログラマティックバイイングに移行
TubeMogul、GRPベースでビデオ広告をバイイングする「BrandPoint」をローンチ
cciが米Rocket Fuelと提携、人工知能技術を使ったRTBで最適なメディアプランニング・バイイングを実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/06/17 11:00 https://markezine.jp/article/detail/20282

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング