SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヨーロッパではマーケターの25%がプログラマティックを「知らない」と回答【AppNexus調査】

 AppNexusは2014年の4月から5月にかけて、WARCとIAB Europeとともに調査を行い、600以上のエージェンシー、パブリッシャー、マーケティング担当者からの回答をまとめた。2013年のヨーロッパの26か国における総広告費は1000億ユーロ超。デジタル広告はその他の広告フォーマットよりも高い成長を見せ、前年比11%増の273億ユーロに達した。

 広告キャンペーンの成功にとって最も重要な要因についてたずねたところ、「ターゲティング」を挙げる人が24%で最も多く、「予算」と回答した人は5%にとどまった。

 専門家の89%が将来プログラマティックが重要な役割を果たすと回答しているが、プログラマティックな戦略が順調だと答えたのは42%。また、プログラマティックについて聞いたことがないと答えたマーケターは25%で、これが業界の成長への最大の障害になりうるとしている。

 プログラマティックな変革を主導しているのはメディアバイイングエージェンシーで、79%がプログラマティック広告を使っている。パブリッシャーは48%、一般的な広告エージェンシーは46%、マーケターは22%。

 この調査レポートでは、プログラマティックはヨーロッパでそのポテンシャルをフルに発揮しておらず、その課題は3つあるとしている。

・半数以上のマーケターがプログラマティックへの理解が不十分であると回答。25%はまったく知らない。

・ヨーロッパではプログラマティックは急成長しているが、業界は遅れないでついていくのに精いっぱいだ。エージェンシーとパブリッシャーの3分の1はスキル不足を足かせと感じている。

・デジタル広告予算は成長しているが、3分の1の回答者は予算の課題がより大きなプログラマティックへのシフトを妨げていると感じている。

【関連記事】
マーケターが直接運用する広告費は11%に、インハウスでプログラマティックに取り組む企業が増加【Casale Media調査】
アメリカン・エキスプレスは100%、P&Gは70%をプログラマティックバイイングに移行
Sizmek、RTBの専門家チーム「Sizmek Vantage」を立ち上げ
「LINE」スペインのユーザー数1,000万人突破~ヨーロッパ圏でも順調に拡大
ヤフー、英国現地法人「YJ Marketing Ltd.」設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/06/17 21:53 https://markezine.jp/article/detail/20285

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング