MarkeZine(マーケジン)

記事種別

GroupM、2014年末までにオープンなアドエクスチェンジから広告予算を引き上げる方針

2014/06/19 16:45

 WPP傘下のGroupMは、同グループが保有するメディアコミュニケーションエージェンシーのパフォーマンスを最大化するためのメディア投資を行う企業。同社の取扱高は2012年7月時点で908億ドル(RECMA調べ)、グローバル市場の占有率は32.7%(2位はPublicisの23.1%)で、世界最大のメディアバイイングネットワークである。

 8日、動画広告ビジネスに特化した動画サイト「Beet.TV」が、GroupMの北米デジタル投資の主任担当役員であるAri Bluman氏の談話を紹介。2014年の終わりまでに、同社が抱えるすべてのブランド企業がオープンなアドエクチェンジから広告在庫を買うことはなくなり、プログラマティックな取引は100%(パブリッシャーとの)プライベートな取引になるだろう語っている。

 Wall Street Journalの「CMO TODAY」もBluman氏にインタビューし、「広告詐欺(ad fraud)」、すなわち、アドエクスチェンジが関与して不正な広告支払を発生させていることへの懸念が看過できない状況であることを明かしている。

 広告業界情報サイト「AdAge」によると、GroupMの動きには広告取引市場での権力争いの側面もあるようだ。世界1位のバイイング力を持つGroupMと膨大な広告在庫を提供するアドエクスチェンジ。しかし、Google、AOLといったアドエクスチェンジ運営企業は、すでに多くの優良メディアと手を組んでプライベートエクスチェンジを運営している。GroupMが今後どのように広告の品質と効率性を維持していくのか注目される。

【関連記事】
Google、プレミアム動画広告をプログラマティックに売買できるマーケットプレイス「Google Partner Select」
アメリカン・エキスプレスは100%、P&Gは70%をプログラマティックバイイングに移行、その一方で透明性を懸念する広告主も
ヨーロッパではマーケターの25%がプログラマティックを「知らない」と回答【AppNexus調査】
マーケターが直接運用する広告費は11%に、インハウスでプログラマティックに取り組む企業が増加【Casale Media調査】
OmnicomとPublicisが合併解消、世界最大の広告代理店の誕生に至らず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5