SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

全米マーケティングアワード受賞!エクスペリアンCCMP 米アメリカンイーグルのクロスチャネルマーケティング最新事例紹介

 昨年から今年にかけて、「クロスチャネル・キャンペーンマネジメント」というキーワードを耳にする機会が増えた。そのような中、昨年のクリスマスに、大手アパレルブランド「American Eagle Outfitters」がExperian Cross-Channel Marketing Platform(CCMP)を用いて大きな成果を挙げ、米国で優秀なマーケティング成果に対して贈られる「eTail (Mobile Best-in-Class賞)」を受賞し大きな話題となった。施策を支援したエクスペリアングループの日本ブランチ、エクスペリアンジャパンCCMP戦略責任者源田真由美氏に、クロスチャネルマーケティングの成功ポイントについてうかがった。

急増する顧客との接点、マーケティングコントロールできていますか?

――「クロスチャネル・キャンペーンマネジメント」の有用性に注目が集まり、ツール(CCMS)も複数出始めています。こうした動きの背景を、どのように捉えていらっしゃいますか?

エクスペリアンジャパン株式会社
クロスチャネルマーケティング部 CCMP戦略責任者 源田真由美氏

 クロスチャネル・キャンペーンマネジメントが関心を持たれているのは、ひとことで言うとオムニチャネル化が進む中で「企業やブランドとお客様との接点が増えすぎて、マーケターがコミュニケーションをコントロールできなくなっている」からでしょう。

 オフライン・オンラインを含めた購買プロセスが複雑化する中、どのチャネルで、どんなタイミングで、どのようなコンテンツでアプローチすればいいのか。これら全ての要素をブランドがコントロールしないと、適切なコミュニケーションをしているとは言えない状況が生じています。

 そして、多様化する個々のお客様に合わせてそれらの詳細なアプローチを実行するのは、とても手作業ではできません。そこで、一人ひとりに対する最適なコミュニケーションを、チャネル横断(クロスチャネル)で自動的に実行できる、プラットフォームや手法が期待されているのだと思います。

 このプラットフォームや手法は、「クロスチャネル・キャンペーンマネジメントシステム(CCMS)」や「クロスチャネルマーケティングオートメーション」という呼称で呼ばれています。これらのプラットフォームは、一般的に言われている「キャンペーンマネジメントシステム(CMS)」とは異なり、メール、DSP広告、SMS、アプリプッシュ、コールセンター、ソーシャル等、複数のチャネルを横断してキャンペーンを設計し、マーケティングを実行できることが特徴です。

クロスチャネルキャンペーンマネジメントを実現する
「Experian Cross-Channel Marketing Platform」の概要図

 また、SNSが普及したことで、お客様はモノを購入した後にもブランドを代弁する発信者の役割を持つようになりました。購入して終わり、ではないのです。この点からも、購買後に長期的に接触する必要が生じています。その部分もカバーし、優良顧客の育成まで一貫して行える点も、クロスチャネル・キャンペーンマネジメントが注目されている要因です。

クロスチャネルマーケティングを実現するまでのステップ

――エクスペリアンではクロスチャネル・キャンペーンマネジメントを実現するソリューション「CCMP(Cross-Channel Marketing Platform)」を提供されています。先ほどの「購買プロセスの複雑化」を考えると、クロスチャネルにおけるマーケティングはもはや不可欠なのでしょうか?

 いえ、必ずしもそうではありません。もちろん、生活者の環境から考えればさまざまなチャネルで接触するのが理想ですが、それは各企業やブランドとお客様との関係によります。現状ではメルマガの一斉配信しかしていない、といった企業が一足飛びにクロスチャネルマーケティングの最適化を図るのは難しいでしょう。マーケティングを徐々に洗練させていく必要があります。

 エクスペリアンでは「マーケティング洗練曲線」として、4つのステップでマーケティングの最適化を支援しています。例えば、現状はメールアプローチのみを実行している場合、最初のステップであるシングルチャネルの最適化から始めますし、複数チャネルを使っている場合は次のステップに相当するマルチチャネルの最適化を図ります。

 3つ目のクロスチャネルマーケティングでは、それらを連携させたキャンペーン単位でのコミュニケーションを最適化します。メール、ソーシャル、Webサイト、それからコールセンター、DMや店舗といったオフラインも含めて、どのようなマーケティングアプローチを設計することがクライアントにとって効果的な結果につながるのかを検討し実行・実装します。

 最後は、複数のキャンペーンを通じ、長期的なコミュニケーションを最適化していく段階です。ここまで進めば、常に顧客一人ひとりに合ったアプローチが実現され、優良顧客の育成につながります。

急増する顧客接点を多角的にコントロールして、一人ひとりに最適なコミュニケーションを!

※リンクをクリックすると外部サイトへ遷移します
エクスペリアンジャパンが提供するクロスチャネル・キャンペーンマネジメントを実現するソリュ―ション「CCMP(Cross-Channel Marketing Platform)」の詳細はこちら

次のページ
米・カナダで800万人以上にリーチ!アメリカンイーグルのキャンペーン事例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/11 14:00 https://markezine.jp/article/detail/20318

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング