SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

6割超がウェアラブル端末「知らない」/利用意向は1割に【MMD研究所調査】

 MMD研究所は、ウェアラブル端末に関する調査を実施した。

約6割がウェアラブル端末を「知らない」と回答

 18歳以上の男女(N=2,017)を対象に、ウェアラブル端末の認知について聞いたところ、「知らない」(60.2%)と回答した人の割合が過半数を超えた。また、「名前は聞いたことがあるが意味はわからない」「知らない」と回答したユーザーも含めてウェアラブル端末の説明を行った上で利用意向を聞いたところ、「利用したいと思う」との回答が1割にとどまり、「利用したいと思わない」と回答した人が3割となった。

認知度が最も高いのは「Google Glass」

 ウェアラブル端末を知っていると答えた人(N=803)を対象に、「知っている(聞いたことがある)ウェアラブル端末」にについて聞いたところ、「Google Glass」(66.6%)の認知度が一番高く、次に「GALAXY Gear」(25.0%)と続いた。

ウェアラブル端末に求める機能は?

 18歳以上の男女(N=2,017)を対象に、ウェアラブル端末に求める機能について聞いたところ、メガネ型が「道案内」(36.6%)、「周辺情報通知/視界情報補足」(24.8%)、「写真・動画撮影」(23.6%)、腕時計型が「健康管理」(32.1%)、「道案内」(22.7%)、「通話」(19.4%)と続き、それぞれ違う機能を求められていることがわかった。

 また、ウェアラブル端末を購入する際に重視する点を聞いたところ「金額」(46.9%)と答えた人が最も多く、「性能」(41.1%)、「デザイン」(34.7%)と続いた。

【調査概要】
調査期間:2014年6月10~14日
有効回答:2,017人
調査方法:オンライン調査
調査対象:18歳以上の男女

【関連記事】
リクルート主催のスマートデバイス体験イベント「未来レストラン」にお邪魔してきました!
ウェアラブルコンピューティングにおけるイノベーション「JINS MEME」、2015年春発売
Amazon.com、ウェアラブルデバイス専門ストアを開設
ウェアラブル端末向けの広告市場、今後数年の見通し【米シスコシステムズ調査】
10代、スマホの閲覧時間がテレビ視聴時間を上回る/3割が「格安スマホ」に興味あり

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング