SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

住友商事も出資参画のAWCG、日本からASEAN地域へ商品届ける「越境型」ECモールを今秋始動へ

 アパレルウェブの子会社で、シンガポールにおいて日本ブランドのセレクトショップ、「JRunway(ジェイランウェイ)」を展開するAWCGは、同店舗のECサイト「Shop.JRunway(ショップドットジェイランウェイ)」を近日中にオープンし、今秋には、日本から直接ASEAN地域の消費者に商品を届ける「越境型」ファッションECモールとしてスタートさせることを発表した。

 「JRunway」は、2012年10月29日にオープンし、1年半で累計買上客数は5万人以上、公式Facebookページの「いいね」数は26万以上、認知度37.3%を達成したセレクトショップ。渋谷・原宿で人気の約30ブランドを取り揃えている。また、6月26日には住友商事がAWCGへの出資参画を表明している。

 まずは実店舗と連携したECサイトとして「Shop.JRunway」をスタートし、今秋にはECモールとして本格始動させる予定。EC事業を始めるにあたり、同社は現地の郵便事業会社・シンガポールポストと業務提携契約を締結。アセアン地域への配送はシンガポールポストが担う。このため、ECモールに出店する日本の企業は、注文が入り次第、商品を国内の指定倉庫に納品するだけで、容易にアセアン全域への販売が可能になる。なお、ECモールは5年後に売上高150億円達成を目指す。

【関連記事】
博報堂、「博報堂生活総合研究所ASEAN」設立~ASEAN市場での競争力向上を目指す
オプト、ASEAN事業の拠点をシンガポールに新設
クリエイティブホープ、ビューティープロダクツのレビューサイト「Prettyfab」をASEANに展開
ブランドの世界観を直接体感!ファッションECの夢展望、大阪梅田にリアル店舗オープンへ
電通、EC事業者向けソリューション提供企業へ総額約2億円出資

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング