SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Bokuの「text-to-pay」技術で、携帯からキーワードを送って紙の雑誌をカンタン定期購読

 Bokuは携帯電話の電話番号を使ってセキュアな決済を可能にするサービスを展開。現在68の国で250以上の通信事業者を通じてサービスを提供している。今回、Bokuと提携した英国の出版社IPC Mediaは、『Marie Claire』『NME』『Wallpaper*』など60以上の雑誌を展開。同社は、Bokuの「text-to-pay」ソリューションを使って、紙の雑誌の定期購読の申し込みと支払いをモバイルで手軽にできる方法を生み出した。

 利用者は、短い番号に、携帯電話のショートメッセージを使ってキーワードを送信。認証されると登録手続きをモバイルウェブサイトで行うことができる。雑誌購読の代金は申込みをした人のキャリアの請求書に含まれる。あるいはBokuのプリペイドのeマネー製品を使って残高から差し引くことも可能だ。クレジットカードやデビットカードを持っていなくても決済可能な点が特徴となっている。

 送信するキーワードは、雑誌にはさみこまれたカードや印刷された広告、雑誌のカバーで告知。こうしたオフラインのオファーを、モバイル決済を使った定期購読に結び付けることで、若い読者の拡大を図る。

【関連記事】
TIME誌が表紙に広告を掲載、雑誌ビジネスへの波紋
コンデナスト、160万のオーディエンス増で雑誌業界トップの成長率
検索から決済まで最短10秒!グリー、ホテルの当日予約専用アプリ「Tonight」
アマゾン、Twitter上から商品をカートに追加できる「Amazonソーシャルカート」
TwitterがCardSpring買収、クレジットカード情報とオンラインプロモーションの連携を加速

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング