SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日経、英誌「MONOCLE」と資本・業務提携、海外での英文媒体の販売を加速

 2007年創刊の「MONOCLE」は、世界情勢、ビジネス、カルチャー、デザインなどの分野に強く、高級感のある誌面デザインに定評がある。ロンドンを拠点として年10回発行。部数は7万7000部、定期購読者は1万8000人。雑誌のほか、季刊の新聞、書籍も展開。ウェブサイトmonocle.comでは「MONOCLE 24」というラジオも運営している。また、東京とロンドンではカフェも経営している。

 日本経済新聞社は、出版元であるWinkontent(ウインコンテント)と資本・業務提携で合意。日経はWinkontentの発行済み株式の約3%を取得し、「MONOCLE」の販路を活用して、アジア全域の経済情報をカバーする英文媒体「NIkkei Asian Review(NAR)」の販売を加速させる。

 また、NARとMONOCLE双方の紙面、電子版での編集協力や広告営業、イベントでの連携も含め、多角的に協業する。日経グループの日経BPは「MONOCLE」の国内流通などに協力する。

【関連記事】
コンデナスト、160万のオーディエンス増で雑誌業界トップの成長率
TIME誌が表紙に広告を掲載、雑誌ビジネスへの波紋
日経BP社、トルコの出版社MDGを6億円で買収
日経、イベントレジストに1億6500万円出資
日経と日経BP、自社サービスのIDを「日経ID」に一本化
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング