SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2013年の欧州プログラマティック市場規模は21億ユーロ、最大の成長要因はビデオ・プログラマティック

 IABヨーロッパとIHS Technologyが発表した調査レポートによると、オンラインの広告収益は2018年にはテレビを抜いて全メディア最大となる見込み。以下のグラフを見ると、テレビは微増ながら成長を続け、新聞の割合が減少しているのが見て取れる。

ヨーロッパにおけるメディア別の広告収益(単位 ユーロ)
ヨーロッパにおけるメディア別の広告収益(単位 ユーロ)

 オンライン広告の中で、アドテクノロジーを使って広告枠の売買を行う「プログラマティック」と呼ばれる手法を用いた広告の収益は、2012年に9億8000万ユーロ。2013年には20億8000万ユーロへと111%成長を見せた。

 2012年から2018年の年平均成長率の予測を見ると、ビデオ・プログラマティックが82.0%と最も高いのに対して、動画全体の成長率は38.3%。また、ディスプレイ・プログラマティックが32.8%なのに対して、ディスプレイ全体では6.9%となっており、プログラマティックが高い成長率を支えるかたちになっている。

ヨーロッパにおける広告フォーマット別年平均成長率のビッグ5(2012~2018年)

ヨーロッパにおける広告別年平均成長率のビッグ5(2012~2018年)

 プログラマティックな取引がディスプレイ広告全体に占める割合は、2012年が11.9%、2013年が21.3%にとどまっている。また、プログラマティックが占める割合を地域別にみると、2013年時点で、西ヨーロッパでは23.6%だが、中央・東ヨーロッパでは9.5%と地域差がある。

メカニズム別に見たオンラインディスプレイ広告収益の割合
メカニズム別に見たオンラインディスプレイ広告収益の割合

【関連記事】
ヨーロッパではマーケターの25%がプログラマティックを「知らない」と回答
「プログラマティックは驚異ではない」コンデナストのプログラマティックを推進する3ステップ
Xaxis、ロシアに進出、同市場初の総合的なプログラマティックプラットフォームを展開
アメリカン・エキスプレスは100%、P&Gは70%をプログラマティックバイイングに移行
動画広告では9割が“テレビ的な”固定CPMによる在庫予約型のバイイング

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/09/12 19:10 https://markezine.jp/article/detail/20906

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング