MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DAC、ビッグデータの広告活用について国立情報学研究所と共同研究を開始

2014/10/01 09:00

 DACと、同社連結子会社のモデューロは、DMP「AudienceOne」の保有するビッグデータの分析・解析強化を目的として、国立情報学研究所の宇野毅明教授と共同研究を開始した。共同研究では、宇野教授の開発した、ビッグデータを大まかなクラスター(集団)に分けて見やすくする手法「データ研磨」を活用し、同教授とDACビッグデータ解析部のデータサイエンティスト集団がビッグデータ分析のさまざまな課題に取り組む予定。なお、分析・解析された内容は、内部的な処理エンジンとしてシステム実装することも視野に入れられている。

【関連記事】
コダックとブレインパッド、印刷業界にビッグデータソリューションを提供
ソフトバンクテクノロジー、ビッグデータ可視化・分析ソリューション「Tableau」提供開始
SAS、ビッグデータのリアルタイム分析実現する「SAS Event Stream Processing Engine」提供
日立と博報堂、ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査を実施
DAC、インリードビデオ・アドネットワークの提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5