SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マックやブルーボトルコーヒーも、米国飲食業界で相次いでモバイル注文・決済アプリを導入する動き

 米マクドナルドは28日、モバイル決済のSoftcard(旧 ISIS Wallet)のアプリを導入。全米の店舗でスマートフォンのアプリを使って、店内とドライブスルーで支払いができる。両社は2013年から試験提供を開始しており、今回の導入はドライブスルーにおけるNFCを使ったモバイルコマース展開としては最大のものとなる。

 Softcardは、非接触型のEMVグローバルスタンダードおよびSmartTapモバイルコマーステクノロジーによって、支払、割引、ポイントプログラムなどが簡単な操作で利用できる。このアプリは、AT&T、T-Mobile、Verizon Wirelessの80以上の端末で利用可能となったほか、Google Playからダウンロードすることもできる。Softcardのアプリは今年10月1日、ファストフードSUBWAYも採用している。

 10月28日には、タコベルがモバイルで注文と支払ができる独自アプリをローンチ。こちらも店内とドライブスルーで利用できる。店舗のメニューや栄養分を閲覧可能で、支払はクレジットカード、デビットカード、タコベルカードのいずれか。iOSでは来店時にチェックインする機能もある。また、過去の注文を記憶して次回に利用したり、Eギフトも利用できる。このアプリのテクノロジーパートナーはCARDFREE、Tillster、XPIENT。

 また、スターバックスに続くコーヒー業界のサードウェーブとして注目され、日本上陸が決まっているBlue Bottle Coffeeも、モバイル決済のSquareが10月8日に発表したアプリ「Square Order」を導入。一杯ずつていねいに淹れるコーヒーが人気のショップだけに、あらかじめ注文してピックアップできるのはうれしい。

【関連記事】
LINEの次なる戦略テーマは「LIFE」/決済・タクシー・地図・オープンIDなど新サービス続々発表
クレジットカード決済非対応の店舗は、潜在顧客の内21%の来店機会を損失【Square調査】
ヤフー、クレジットカード事業へ参入~決済金融領域を新事業の柱へ
会計をスマートに!飲食店向けクレジットカード決済サービス「食べログPay」提供開始
楽天Edyなど、「おサイフケータイ」搭載スマホ活用電子マネー決済プラットフォーム開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング