SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Time社が動画ビジネス戦略を拡大、テレビ界のパートナーとSVODを含む動画ビジネスモデルを構築

 Time社は4日、テレビ業界で起業家的な経営者として知られるEmiliano Calemsuk氏、および彼が新たに設立した会社Rampanteと協力し、マルチプラットフォームのビデオライブラリを構築するために、独自の開発・制作ユニットを設立した。Rampanteはまた、ディストリビューションモデルを開発するためにTimeを支援する。

Time社のパートナーとなったEmiliano Calemsuk氏
Time社のパートナーとなったEmiliano Calemsuk氏

 Emiliano Calemsuk氏は、News Corporationに14年在籍し、テレビ番組制作会社Shine Group AmericasのCEOを務めたほか、Fox Television Studios、Fox International Channels Europeの役員を歴任。彼が2014年に設立したRampanteは次世代の番組制作と配給を手掛け、成長率の高いメディアビジネスのセグメントにフォーカス。Time社のパートナーとして動画ライブラリを構築し、そのポートフォリオに含まれる全タイトルのサブスクリプションモデルを開発する。

 Time社はこの1年、デジタルビデオ領域において収益とコンテンツ制作が急増。Calemsuk氏と協力することによって、テレビ番組制作と国際的なチャネルへの配給のノウハウ、さらにはロサンゼルスにおけるプレゼンスもすみやかに獲得。米国および世界各国で知的財産を所有し、SVOD(Subscription Video on Demand、定額制のビデオ・オンデマンド)と従来のテレビ放送を含む異なるビジネスモデルを通して配給することによって、ビジネスに柔軟性が生まれることも期待している。

【関連記事】
ABC、動画広告Videologyの元ヴァイス・プレジデントをプログラマティックセールスの責任者に指名
TIME誌が表紙に広告を掲載、雑誌ビジネスへの波紋
Videologyと英Nielsen、TV視聴率データを用い動画ターゲティングをリアルタイムに最適化
ガールズYouTuberに特化したプロダクション「3Minute」設立
米国10代に影響力のある人物トップ5はすべてYouTuber、ハリウッドセレブと人気を二分

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/06 13:10 https://markezine.jp/article/detail/21322

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング