SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、FROSK買収/アプリ領域サービスを強化~開発者支援に本格参入

 ヤフーは、11月10日、スマートデバイスアプリのクラッシュ解析ツールを提供するFROSKを買収し、完全子会社化することを発表した。FROSKとのシナジーを通じて、ヤフーはアプリ領域におけるグロースハックサービスを強化し、アプリ開発者を支援していく。

 スマートデバイスの普及により、アプリ市場が急速に成長を続ける一方、アプリ開発者にとっての開発環境は発展途上である。ユーザーはクラッシュなどの発生により品質に不満を覚えるとアプリを継続利用しなくなり、アプリストアなどのカスタマーレビュー欄において、アプリに対して低い評価を行う。また、評価の低いアプリはインストールされない傾向にある。そのため、アプリ開発者がビジネスを成功させるためには、エラー検知・解析ツール(クラッシュ解析ツール)を活用し、品質向上を行うことは必要不可欠といえる。

 FROSKは、スマートデバイスアプリのエラー検知・解析ツール「SmartBeat」をはじめとする、グロースハックツールを提供。アプリ開発者は、FROSKのソリューションにより、開発時だけでなく、市場へのリリース後もリアルタイムでエラーを検知・解析、ユーザーの手元で何が起こっているかを把握でき、アプリの品質改善に役立てることができる。

【関連記事】
モバイルニュースアプリで成功するメディアが、将来のマスメディアを制するか【ICT総研調査】
ファッションアプリ「iQON」、電通と連携し女性向けブランディング広告事業スタート
フリマアプリ「メルカリ」、テレビCM効果で600万ダウンロード突破
あなただけのパルコが、ポケットに。スマホアプリ『POCKET PARCO』リリース
女子小学生の17%がタブレットで勉強/11%が無料通話・メールアプリを利用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/11 11:30 https://markezine.jp/article/detail/21347

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング