SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、IoT事業者向け開発支援プラットフォームサービス提供へ

 ヤフーは、IoT事業者の開発を支援するプラットフォームサービスの提供を来春より開始する。

 昨今、自動車、テレビや冷蔵庫などの家電製品、電化製品に限らず、さまざまなモノ(製品)とインターネットをつなげて、新しいサービスや価値を創出するIoT(Internet of Things)分野に注目が集まっている。2020年には世界のIoT市場規模は約350兆円に拡大し、対応する端末は300億デバイスにもなると予測されている。しかしながら、IoT製品を生み出すには、ウェブサービスの開発や連携、サーバー構築や運用など、ハードウェア開発以外の多様な開発技術が必要となり、スムーズな製品開発や新規事業者の参入に障壁となっている。

 同プラットフォームでは、主にIoT製品のハードウェア事業者に向けて、製品とウェブサービスの連携をしやすくなるように、さまざまなサービスやAPIを公開していく。これによって、大手メーカーからスタートアップ企業まで、多くの事業者の製品開発や新規参入を支援する。また公開するAPIは、ヤフーの各種サービスだけでなく、国内外の多くのインターネット事業者からも協力を募り、オープンにインターネットにつながる製品とサービスが集まるプラットフォームを目指す。

 さらに、ワイモバイルとも連携し、同プラットフォームを活用したIoT製品のワイモバイルショップでの販売や、ワイモバイルのネットワークを使ってIoT製品をインターネットに接続しやすくするなど、開発面以外でも事業者をサポートできる仕組みを提供していく。

【関連記事】
ALBERTとシナノ電子技研、IoT/MtoM分野で業務提携~データ蓄積から解析・活用までカバー
ソフトバンクテレコムとGEソフトウェアがIoT/M2M分野で提携
インテルとOpening Ceremony、共同開発したウェアラブルデバイスを12月に発売
ウェアラブルデバイスの世界市場規模、2015年には1億台突の見込み【矢野経済研究所調査】
6割超がウェアラブル端末「知らない」/利用意向は1割に【MMD研究所調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/05 14:30 https://markezine.jp/article/detail/21540

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング